カテゴリー「Jack White」の記事

2010年6月 6日 (日)

写真分析のアート

以下は、http://www.911studies.com/911photostudies1.htmの日本語訳です。

                                                                                  

写真分析のアート

Jack White

1950年以来私は、アートディレクター、デザイナー、写真家、また大きな広告プロジェクトのディレクターとして、スタジオと暗室の両方で、写真や写真技術に携わり訓練を受けてきました。私は一般の人が気付かない細部が見える訓練を受けた観察者です。
1963年から、私は自分の観察技術を、私がサイエンスというよりアートと評する、写真分析家としての仕事に専念させてきました。

私の写真検証の大半は、3つの大きな事件でのアメリカ政府の不正行為との申し立てを取り扱っています:その3つとは、ケネディ暗殺、アポロ計画による月への疑惑の旅、そして9月11日の悲劇を起こしたと言われるハイジャックです。多くの事件と異なり、この3件には検証のための映像が豊富にあります。40年以上にわたる検証により私は以下のことを確信しています:

1.細かな疑問なしに「公式の物語」を絶対に受け入れてはいけない。

2.細かな検証なしに「公式の写真」を決して絶対に受け入れてはいけない。

3.政府は写真捏造の優れた能力を持っている。

4.自身の良心に反して捏造するよう命じられた多くの人は捏造が露呈することを希望して自分達の作品に秘密の鍵を残した。

写真分析家は、「内部告発者」によって残されたこのような多くの場合は微妙な鍵を探し求めて、小さな細部を調べなければなりません。JFKの事件では、私は靴が違う色をしているのを発見し、名高いZapruderフィルムがでっち上げであることを証明する手助けとなりました。またLHOライフルは射撃には使われなかったことを示す場違いなライフルの皮ひもリング、そしてCE399、「魔法の弾丸」は当初6つの線条痕のある弾丸であったがその後4つの線条痕のある発射体に変わったことも発見しました。

アポロの件では、LEMの着陸パッド上にある数枚のカラー写真が、NASAが答えることを拒む疑問を提起しました。デカールの一部の上に固定された一枚の黒い紙は、公式記録によっては説明出来ないもう一つの映像です。

以下に続くページでは2001年9月11日の事件に対する私の検証の一部を掲載しています。それらは「公式写真」の一部は改変されたもの、合成写真、修整写真、でなければ捏造されたものであることを決定的に証明すると私は考えます。ここで人は疑問に思わなければなりません:もし19人のアラブ人に責任があったのなら、なぜペンタゴンは写真を捏造したのか?

フォト
無料ブログはココログ