« 公式説明を擁護することを望む一流物理学者は一人も存在しない! | トップページ | 911 Phenomena(現象) 2/6 »

2015年5月25日 (月)

911 Phenomena(現象) 1/6

以下は、https://www.youtube.com/watch?v=a3nwzX0A2GUの日本語字幕です。
(00:00から5:58まで)

911 大いなるアメリカの精神に作用するオペラ

WTCで起きた現象を私達が理解する助けとなるように、Judy Wood(ジュディ・ウッド)博士はどれほど大きな構造物がそこにあったのか私達に思い出させることから、話を始めます。

Judy Wood(ジュディ・ウッド)博士(クレムゾン大学機械工学部の元助教授)

「二つのタワーがありました。

巨大なタワーで、とても大きな物体でした。

昔々のことですが。

どのようにしてタワーが建築されたのか見てみましょう。

中心支柱です。

巨大なV字型、T字型の梁です。

それから外部支柱があります。

そしてフロアは中心支柱と梁の間にボルトで連結されていました。

こうしたフロアはとても頑丈な構造でした。

下部にトラスが組み込まれていたのです。

…聞き取り不可能…

とても大きいのです。

私はこの写真を見ると、どうして中心部の部品が同時に全てひとつ残らずバラバラになったと信じることが出来るのか不思議に思います。

高温が原因であれ、、何が原因であろうがです。

タワーを建築しているところですが、とてもしっかりした中心支柱が見えます。

床面積の半分を占めているようです。

そしてこれらが消え去ったのです。」

1:30

CHAPTER 4 (第四章)

Phenomena(現象)

Judy Wood(ジュディ・ウッド)博士

「これはWTC第3ビルで、またマリオット・ホテルとしても知られています。

WTC第2ビルが破壊された直後に、大きな瓦礫がビルの最南端部分の端を縦に切り取ったのです。

これは第1タワーが破壊される前です。

そして第1タワーが破壊されると、このビルの残りの部分も消え去りました。

このような舗道に突き刺さったWheatcex(組み鉄骨)も3つあります。

そしてこれが残されたものです。

このほんのわずかの部分は、タワーの細長い部分の基部のようです。

このほんのわずかな部分がだけが残されたのです。

これは北北東を見ています。

かつて1、2時間前には第1タワーが建っていた所を横切って見ています。

第1タワーはどこに行ったのでしょうか。

これがこうなったのです。

これはWTC跡地の上からの眺めです。

第4ビルですが、ビル本体はありません。

あるのは北の棟だけです。

ビルはどこに行ったのでしょうか。

タワーはどこにあるのでしょうか。

バンカーズトラストビルは40階建てです。

ですからビルの60階か70階を失っているわけです。

ビルの半分以上です。

ビルはどこに行ったのでしょうか。

タワーはどこにあるのでしょうか。

タワーはどこにあるのでしょうか。

タワーはどこに行ったのでしょうか。

第6ビルの8階分の残骸のせいで、第1タワーの存在が小さく見えています。

この写真のどこがおかしいのでしょうか。

第1タワーの北側の壁が少なくともさらに100階分なければならないのです。

北側の壁はどこにあるのでしょうか。

それはどこに行ったのでしょうか。

それはどこに行ったのでしょうか。

タワーはどこにあるのでしょうか。」

5:13

energy(エネルギー)

Judy Wood(ジュディ・ウッド)博士

「どれほどのエネルギーが必要だったのでしょうか。

ここでは共通のパターンも認識されます。

私たちは聖ヘレン山を経験しました。

また私たちはネヴァダ州での核実験を経験しました。

そして私たちはWTCビルが壊れるのを経験しました。

私にはこれらはよく似ているように見えます。

明らかなのはいずれも大きなエネルギーが関与していたということです。

これは広島です。

広島の数日前に、誰がこのようなことを想像したでしょうか。

全く全てが消えてしまったのです。」

5:58

« 公式説明を擁護することを望む一流物理学者は一人も存在しない! | トップページ | 911 Phenomena(現象) 2/6 »

Ace Baker」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/60130435

この記事へのトラックバック一覧です: 911 Phenomena(現象) 1/6:

« 公式説明を擁護することを望む一流物理学者は一人も存在しない! | トップページ | 911 Phenomena(現象) 2/6 »

フォト
無料ブログはココログ