« 911 Phenomena(現象) 3/6 | トップページ | 911 Phenomena(現象) 5/6 »

2015年5月25日 (月)

911 Phenomena(現象) 4/6

以下は、https://www.youtube.com/watch?v=a3nwzX0A2GUの日本語字幕です。
(17:00から23:45まで)

17:00

toasted cars(焼け焦げた車)

Judy Wood(ジュディ・ウッド)博士

「もう一つの興味深い現象は焼け焦げた車です。

多くの車が焼け焦げていました。

数台の車が焼けていたというのではありません。

不可思議な事象が起きており、意味が分からないということです。

タワー1が破壊された後、これは二番目に破壊されたタワーでしたが、突然一連の車に火が付いたのです。

こうした間にあった大量の書類の山は燃えませんでした。

なぜここではこれらの車には火が付いたのでしょうか。

タワーと車の間には何もないのに。

そして火が消えた後、車は錆びていたことが分かりました。

FDR高速道路付近のこれらの車には固有のパターンがあります。

このドアはまるで干からびているようです。

窓のフレームが外れています。

このフロントタイヤに何が起きたのか分かりませんが、タイヤのスチール・ベルトはまだ付いているようです。

ラジアル・タイヤだったのです。

炎が鉄を溶かす原因となることはありません。

また別の興味深いパターンがあります。

この車両は郵便局の向かいの一つ離れたビルに駐車しています。

この車両に何が起きたのでしょうか。

ビルの破片が落ちてきたのであれば、なぜ屋根が破壊されていないのでしょうか。

…聞き取り不可能…

炎が自然に発火したのです。

これは焼け焦げた駐車場の一画です。

塗装はここではきれいですが、ここではそうではありません。

これが何であるか私には分かりません。

車でしょうか、トラックでしょうか。

私はこれを「魔法使いの車」と呼ぶことにします。

この手前の路上に駐車している車両は、なぜ錆び付いているのでしょうか。

これは911の翌日の写真なのです。」

19:28

アナウンサー

「路上に駐車しているこの2台の車を見て下さい。

視聴者の皆さんは航空機が生み出した衝撃を想像しても、視覚化するのは困難だと思います。

なぜなら全てが溶けているのですから。

ここには少なくとも、いくつかの残余物があります。

文字通り溶けて車の他の部品とくっついたエンジンがあります。

移動すると、別の車があります。

彼らがここに移動したのです。

まるで戦争を経験したように見えます。

燃え尽きた書類が見えます。

ビルから降ってきた書類です。

座席や燃えカスが見えます。

まさしく爆発がいかに破壊的であったのかを示しています。

あちらの通りの向こうを見てましょう。

エジソン・コンソリディテッド(電気会社)のトラックがあります。

エジソン・コンソリディテッドの人々が、トラックを調べて、それが実際にどのトラックであったのか突き止めようとしています。

そしてあのトラックも酷い形になっています。

このように多くの物品が、鉄が文字通り溶けていたのです。」

20:32

Judy Wood(ジュディ・ウッド)博士

「さらに多くの奇妙な現象を私たちは目にします。

車は燃えているのですが、書類は燃えていないのです。

木の上に書類が引っかかっています。

木は葉を失っています。

地上の書類は燃えていませんが、一方車両は燃えています。

これはかなり激しい燃え方です。

別の車両はエンジンを失っています。

エンジンはどこに行ったのでしょうか。

ここでも同じです。

エンジンが消え去っています。

まるで馬車のようです。

それから金属線が溶けて上にくっついているようです。

多くのドアの取っ手が失われています。

これは共通の事象のようです。

なぜドアの取っ手が消え去ったのでしょう。

異なる材質だったからでしょうか。

21:30

これは西ブロードウェイです。

では何がこの通りで起きたのでしょうか。

これはこの同じ通りを上から見た眺めです。

これは攻撃的な雲です。

何か特有の働きをしていたようです。

この通りに沿って止めてあった車両は焼き焦がされたのです。

通りの向こうのバンカーズ・トラストでは興味深い事象が起きていました。

このビルは、FEMA(米連邦緊急事態管理局)によれば、内部に火災は発生していませんでした。

ではこの梁に何が起きたのでしょうか。

これは力学的な過重負荷ではありません。

これはフロアを支える水平方向の梁なのです。

なぜこのように縮んだのでしょうか。

まるで包装用の色つきリボンのようです。」

22:43

水平方向の梁骨組みはとても張り詰めた状態にあります。

もし極度に高温の反応物がかすめると、この張り詰めた力は失われ、縮んでしまいます。

まさしくそうしたことが起きたようです。

明らかに何か尋常ならざる事象がWTCを破壊したのです。

では何が。

ウッド博士によれば、それは一種のDirected Energy Weapon(指向性エネルギー兵器)でした。

論文共同作成者Morgan Reynolds (モーガン・レイノルズ)と共に、ウッド博士は「The Star Wars Beam Weapons(スターウォーズビーム兵器)」という論文を発表しました。

ウッド博士にはいくつかの興味深い盲点がありますが、間違いなくウッド博士は目に見える記録の最も包括的な研究を作成したのです。

23:45

(訳者中:この後の歌詞は聞き取り不可能なため割愛しています。)

« 911 Phenomena(現象) 3/6 | トップページ | 911 Phenomena(現象) 5/6 »

Ace Baker」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/60130520

この記事へのトラックバック一覧です: 911 Phenomena(現象) 4/6:

« 911 Phenomena(現象) 3/6 | トップページ | 911 Phenomena(現象) 5/6 »

フォト
無料ブログはココログ