« 世界銀行内部告発者Karen Hudesが第二の種族が世界を支配していると主張。 | トップページ | ハワイ銀行が170,000トンの金を保有している。 »

2014年9月30日 (火)

人類ではない地球起源の知的種族がバチカンから人類を操作している。

以下は、https://www.youtube.com/watch?v=N62ZRIl1JHUの日本語字幕です。

 

人類ではない地球起源の知的種族がバチカンから人類を操作している。

 

「OK。ではバチカンについて話していきましょう。

 

というのは、私も含めて大多数の人々は…私は今までおよそ10年間経済崩壊を、またもちろん経済学も学んできたのですが、あなたが何度も言及したバチカンについては多くを知らなかったからです。

 

よろしければ人々にあなたの全体的な仮説がどのようなものであるか、お教えいただけないでしょうか。

 

実際ここでも多くについて触れたと思いますが、バチカンでは誰が支配権を握っているのでしょうか。

 

法王ではないと思うのですが。」

 

「はい。「黒い法王」と呼ばれる存在がいます。

 

しかしそれが私達が苦境に陥っている根本的な理由ではありません。

 

私達が発見したことはあり得ないことのように聞こえるでしょうが、全く正しいことです。

 

秘密にされているという事実は本当ではないということを意味しません。

 

これは本当のことなのです。

 

この惑星には第二の種族が存在しているのです。

 

彼らは地球外からの存在ではありません。

 

彼らは私達と共に数多く存在していました。

 

彼らは過去の氷河期に地図を作っていました。

 

彼らの文明の名残はいたるところに、多くは海岸沿いに存在しています。

 

なぜなら海水面が400メートル上昇したために水没したからです、

 

そしてこの集団は大きな脳を持っています。

 

彼らはホモ・サピエンスとはかなり異なっているのです。

 

彼らのDNAはかなり異なっているため、二つの種族が交配しても、その子孫に生殖力はないのです。

 

彼らのDNAが実際に検査されたために、私達はこのことを知っているのです。

 

彼らは私達と共に地球上のいたので、彼らの頭蓋骨がいたるところにあるのです。

 

しかし氷河期の後、彼らの多くは姿を消しました。

 

彼らは身を隠したのであり、彼らが身を隠している場所の一つがバチカンなのです。

 

バチカンの人々が大きな頭飾りをしているのはこうした理由からです。

 

それからまた、初期のユダヤ教の高位にあった司祭がどのような存在であったのかも分かりました。

 

モーゼは実際はAkhenaten(アクエンアテン、アメンホテップ4世)であり、ファラオだったのです。

 

一つのピラミッドから取り出されたパピルスがこのことについて記していたために、分かったのです。

 

イスラエルで考古学を研究している人々はこのことを知っています。

 

ホモ・コペンサスが私達のお金の仕組みを用いた分割と征服によって人類を支配下に置こうとしているだけでなく、私達の宗教、組織化された宗教を用いた分割と征服によっても支配下に置こうとしており、人類に異なった宗教的信仰にある人々を憎ませようとしている理由は、人々が互いに殺しあうように仕向けるためです。

 

そして背後で人類を操作している存在が居座り続け、私達を何と言えばよいのでしょうか、家畜のように利用することが出来るようにするためなのです。

 

これが歴史を通じて起きていることなのです。

« 世界銀行内部告発者Karen Hudesが第二の種族が世界を支配していると主張。 | トップページ | ハワイ銀行が170,000トンの金を保有している。 »

Karen Hudes」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/57533881

この記事へのトラックバック一覧です: 人類ではない地球起源の知的種族がバチカンから人類を操作している。:

« 世界銀行内部告発者Karen Hudesが第二の種族が世界を支配していると主張。 | トップページ | ハワイ銀行が170,000トンの金を保有している。 »

フォト
無料ブログはココログ