« Jim Willie 博士が私の カレン・ヒューズへのインタヴューを裏付ける:同博士の情報源は、リストに記載されていない大量の金保有が存在すると述べた! | トップページ | 人類ではない地球起源の知的種族がバチカンから人類を操作している。 »

2014年9月28日 (日)

世界銀行内部告発者Karen Hudesが第二の種族が世界を支配していると主張。

以下は、http://www.youtube.com/watch?v=mA1e9k1q_1cの日本語字幕です。

 

 

 

世界銀行内部告発者Karen Hudesが第二の種族が世界を支配していると主張。

 

 

 

 

 

 

「AKHENATEN(アメンホテプ4世)や彼の娘の写真、ファラオの写真を見てみると、彼らが大きな頭飾りをしていたことが分かります。

 

 

これは彼らの巨大な頭蓋骨を隠すためでした。

 

 

彼らはホミノイドです。

 

彼らは人類ではありません。

 

彼らはとても賢い存在です。

 

彼らは想像力に富んだ存在ではなく、彼らは数学的な存在なのです。

 

彼らは氷河時代の初期にかなり強い力をもっていました。

 

彼らの頭蓋骨を展示している多くの博物館があることをご存知でしょう。

 

彼らを俗語で「コーンヘッド」と呼ぶ人もいます。

 

人類以外の種族が存在すると言う人もいます。

 

この集団は人類女性と交配し、子孫を産むことは出来たのですが、その子孫は繁殖力がないことがはっきりしています。

 

そうでなければ、私達はこうしたホミノイドをもっと目にするはずです。

 

彼らは自分達を稀有な存在にしていたのです。

 

しかしエドワードがこうした情報を提供してくれた時に、私はこの情報をポルトガルの男性に伝えました。

 

その後その男性は銀行との会合に行き、次の日に私達にイーメールを送ってきて、その銀行での会合には大きな頭蓋骨で輝く青い目をした人物がいたと告げてきました。

 

その銀行がその人物の父親に不適切なローンを組んでいたのです。

 

ですからその人物はそうした不適切なローンの件で銀行と会合を持っていたのです。」

 

「そうですか。

 

興味深い話ですが、若干違う方向に向かう話ですね。

そうした存在が、本当のところ彼らが何であれ、人類であれホミノイドであれ、私達はプログラムの始まる前にこうした長く延びた頭蓋骨や他の特異な点について話をしていましたので、私達はその件に関して通じてはいたのですが、要するにあなたがおっしゃっているのは、この場合王座の背後にある力のことですよね。」

 

「あなた方にあるのは、秘密結社や秘密が存在する社会なのです。

 

そして公になるべきニュースや情報は公になっていないのです。

 

私があなたに話している集団、イエズス会の背後にはカペンシスやホモ・カペンシス、あるいは一部ではコーンヘッドと呼ばれる集団があり、彼らは世界の金を盗もうとしていたのです。」

 

「そこで話全体がヤマシタ(山下奉文大将)の金に遡るのですね。」

 

「いいえ。それは部分的な話です。

 

話はソロモン王から始まります。

 

そしてアステカの金にたどり着き、インカの金にたどり着き、ファラオの金にたどり着き、そうしてヤマシタが持っていた全ての金へと至るのです。

 

あなた方が知っているよりも多くの金が存在しているのです。

 

世界は信じられない程富んでいるのです。」

 

« Jim Willie 博士が私の カレン・ヒューズへのインタヴューを裏付ける:同博士の情報源は、リストに記載されていない大量の金保有が存在すると述べた! | トップページ | 人類ではない地球起源の知的種族がバチカンから人類を操作している。 »

Karen Hudes」カテゴリの記事

Yamashita Gold」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/57516181

この記事へのトラックバック一覧です: 世界銀行内部告発者Karen Hudesが第二の種族が世界を支配していると主張。:

« Jim Willie 博士が私の カレン・ヒューズへのインタヴューを裏付ける:同博士の情報源は、リストに記載されていない大量の金保有が存在すると述べた! | トップページ | 人類ではない地球起源の知的種族がバチカンから人類を操作している。 »

フォト
無料ブログはココログ