« Tsarnaev兄弟;彼らはボストン爆破事件でのLee Harvey Oswaldなのか? | トップページ | ブッシュはJFK暗殺チームを調整したのか? »

2013年11月 4日 (月)

オズワルド無罪キャンペーン

以下は、http://www.oswald-innocent.com/の日本語訳です。

 

オズワルド無罪キャンペーン

 

私達は-これを隠蔽しようとの巧妙な取り組みにもかかわらず-有名なAltgens 写真に写った「出入り口の男」はLee Harvey Oswald であり、従って、ケネディ大統領殺害についてのありとあらゆる彼の罪は放免されることになるという真実を広めることに専念するJFK研究者の組織である。これはJFK暗殺についての決定的証拠である。

 

2013年11月22日のオズワルド無罪キャンペーンのサンタバーバラでのJFK真実集会にご参加下さい。

 

詳細は、こちらへ:50周年記念イベント 

 

警報!オズワルド無罪キャンペーンによって史上初のAltgens 写真の再現がなされています。

この結果をご覧になるにはこちらへ:
49 Years in the Offing — Altgens 写真の再現 

 

また、Blogspot上のオズワルド無罪キャンペーンも訪れて下さい。

 

Blogspot上で私達に加わるには、こちらへ: Blogspot上のオズワルド無罪キャンペーン  


01grodenannotonehalf
Lee Harvey Oswald に関する真実は上のリンクではっきりと見ることが出来る。彼は暗殺の間、テキサス教科書倉庫ビルの出入り口に立っていたのである。これは、Lee が通過する車両パレードを見ていたことを、彼が6階でケネディ大統領を狙撃することは不可能であったを証明するものである。JFK暗殺においては陰謀が存在しており、Lee Harvey Oswald は無実であったのだ。私達は、陰謀と隠蔽工作を証明する豊富な写真上の証拠並びに多くのJFK暗殺に関する正確な情報を提供するものである。

嘘に終わりを!Lee Harvey Oswald に光を!

 

02mcknight
「Oswald はビルの前にいたという証拠がある。ビルの前で彼を見た人々がいた。私は、シークレットサービスの提示した証拠や他の証拠により、Lee Harvey Oswaldは出入り口にいた男であったことに私自身納得している。」
Gerald McKnight教授

 

 

オズワルド無罪キャンペーンの上級メンバー

David Wrone                   Jim Fetzer                        Ralph Cinque                Vincent Salandria

 

 03dwrone_604fetzer4_805ralph_906vince_3

 

 

 

 

 

                                                             


Richard Hooke              James Norwood           Mark Lane                    Phillip F. Nelson

 

07richard_208norwood_209lane_210nelson1_2

 

 

 

Peter Janney                  Gerald McKnight            Larry Rivera                 Roy Schaeffer

 

10janney_311mcknight3_212rivera_213roy_2

 

 

 

 

 

 

 

                                                                      


Dennis Cimino                Ted Coeyman            Donald Fallon               Staffan H. Westerberg 

 

14dennis_215ted_216donald_217staffan_2

 

 

 

 

Donald Miller                      Pat Shannan                Graham Waite                  Tyler Newcomb

 

18miller_219shannan_220graham_221ty_2

 

 

 

 

 

                                                                                   


Valerie Newcomb Woods     Orlando Martin           Jerry Kroth                Craig Roberts       

 

22val_223orlando_224kroth2_225roberts3_2

 

 

Pete Mellor

 

26mellor

 

 

 

 

 

David Wroneは、Wisconsin-Stevens Point (UWSP)大学の退官した歴史の教授であり、オズワルド無罪キャンペーンの名誉相談役である。Wrone教授は、西洋文明の偉大な書物、ネイティブアメリカンの歴史、JFK暗殺に関する講座を受け持っていた。同教授は、「The Assassination of John F. Kennedy」、「 A Comprehensive Historical and Legal Bibliography and of The Zapruder Film」、「 Reframing the JFK Assassination」 という本の著者である。最後の書の第11章において、Oswaldが「出入り口の男」であったと広めており、その概要がWrapページの見出しになっている。

 

James H. Fetzer博士は、オズワルド無罪キャンペーンの会長である。同博士は、元海兵隊将校でMcKnight 大学名誉教授であり、JFKの死に関する4つの全国会議において議長あるいは共同議長を務めている。博士は「JFK: The Assassination, the Cover-Up, and Beyond 」というドキュメンタリーを制作した(1994)。博士はまた「Assassination Science 」(1998)、「Murder in Dealey Plaza 」(2000)、「The Great Zapruder Film Hoax 」(2003)という本を編集した。博士は、インターネット上の論考集assassinationresearch.com をJohn Costellaと共同で編集している。また博士のVeterans Today誌での定期的コラムは、世界で最も広く読まれているJFKに関するコラムの一つである。

 

Ralph C. Cinqueは、カイロプラクター、健康施設オペレーターとして健康分野で働いている。同氏はある国際的医師集団の元代表である。Ralphはまた長年にわたるJFK暗殺の熱心な研究者でもあり、Veterans Today や世界で最も読まれているオルタナティブニュースページの一つである、LewRockwell.com上に暗殺に関する記事を発表している。

 

Vincent Salandria は弁護士で、1963年11月22日にこの暗殺が国家犯罪であると分かった、尊敬すべきJFK研究の「第一世代」である。同氏はその日に、Oswaldはすぐに殺されるだろうと述べた。Vinceは、「False Mystery」という本の著者である。同書は、JFKは「安全保障国家」によって殺害されたと、そしてそれは謎ではなく、むしろ意図通り「露骨にあからさま」であったと推測している。Vincent Salandria の参加をいただき、私達は特に光栄である。

 

Richard Hookeは、キャリホルニア大学サンタバーバラ校で文化人類学の学位を取得しており、Bank of Americaの元コンピューターシステム分析者で、JFK暗殺に関する著述者、研究者である。同氏は、偽装をなすためにいかに画像が改ざん、変更されていたのかを解明し、鋭く証明している。Richardの類まれな画像を読み取る能力は、このホームページで広く生かされている。

 

James Norwood、キャリフォルニア大学バークレー校博士は、ミネソタ大学で25年以上人文科学と舞台芸術を教えてきた。同博士は、芸術、文学、歴史、西欧の伝統という考えについての6回連続講座によって、また一学期の長さのJFK暗殺に関する講座によって知られている。博士は最近では、シェイクスピアについての長編のドキュメンタリーのための作家-相談役として働いている。50周年記念に際して、博士はミネソタ大学でのラーニングライフプログラムを通じて、JFK暗殺に関する連続講義を担当している。

 

Mark Lane は、「Rush to Judgment 」(1966)、「The Last Word: My Indictment of the CIA in the Murder of JFK 」(2011)という本や他の書物の名高い著者である。Mark は公式説明に疑問を投げかけた初期の先駆けの一人であったが、Oswaldの無罪に関しては彼が世界で最も声高で、最も際立った声で、最も目に付く顔である。

 

Phillip F. Nelsonは、「LBJ: The Mastermind of the JFK Assassination」という本の著者である。同氏は同書において、Johnson がJFKを殺す企ての最も重要な扇動者であったと主張している。LBJ(リンドン・ベイ・ジョンソン)は、1962年から1963年に計画と実行のために他の人間に協力を求める前のおそらく1961年という早い段階で、それを思い付いたのだという。Phillip は、犯行を完遂するためにいかにJohnsonが、資金提供者から作戦計画者、隠蔽工作専門家までの鍵となる人間達を全て手配する、独自な状況にあったのかを説明している。そしてこの計画は全て、Lee Harvey Oswaldという名の「カモ」を犠牲にして、実行されたのであった。

 

Peter Janney は1950年代から1960年代の冷戦期にワシントンD.C.で育った。同氏の父親、Wistar Janney は上級経歴を持つCIA関係者であった。Janney 一家はワシントンの多くの政治的エリートと親密な関係を持っていた。そこにはMary Meyer、 Cord Meyerの家族や、Richard Helms、 Jim Angleton、 Tracy Barnes、 Desmond FitzGerald、 William Colbyのような他の高位にあったCIA高官もまた含まれていた。同氏の興味深い書、Mary's Mosaicにおいて、Peter は我々の大半が想像も出来ない現実の悪の大きさに光を当てている。

 

Gerald McKnight はメリーランドのフード大学の高く評価されている歴史の教授である。同教授はHarold Weisbergの知的、物理的相続人であった。Harold Weisbergが自身の全ての論文をMcKnight博士にゆだね、McKnight博士がそれらを特別保管記録としてフード大学に寄贈したのである。McKnight博士は、絶賛を受けているウォレン委員会の不手際に関する「Breach of Trust」という本の著者である。博士はOswald が出入り口にいたという数十年にわたる提唱者で、2012年のクリスマスの日のCPANでのディベートにおいて全国放送のテレビでそう発言した。

 

Larry Rivera は、軍のCID 将校として働いていた職業軍人のアラスカで生まれた息子である。同氏は1963年11月22日にドイツにおり、6歳であったが、JFK殺害を聞いた際の父親の反応(「ジョンソン!」との発言")を忘れないという。Larryは有資格のネットワークエンジニアで、また自動車の卸部品ビジネスを所有してもいる。同氏はJFK暗殺に関する生涯にわたる研究を開始しており、1991年にデイリープラザへの初めての旅をした。同氏は1993年の30周年のASKシンポジウムに出席した。同氏はスペインのメディアから暗殺に関してのインタヴューを受けた。Larry は、Billly Nolan Loveladyに関する史上最も徹底的な調査書をまとめている。

Roy Schaefferは1960年に海兵隊の航空電子工学学校を卒業した。同氏は卒業後、Oswaldと同じくキャルフォルニアのエルトロ航空基地に配属された。1963年に、同氏がデイトンデイリーニュース紙で写真処理担当者として働いていた時、Altgens6 写真のファックスを直接受け取った。直ちに、同氏には「マスキング」や「不明瞭化」といった改ざんのしるしが分かった。 こうしてJFKの真実という大義に対する生涯にわたる献身が始まった。Roy はJFK暗殺に関する3冊の本(未刊行)、並びに9つの記事の著者である。また同氏の多くのJFKのスクラップブックはデイトン大学に寄贈されている。Roy は出入り口にいたのはOswaldであったと述べた最初の研究者の一人であった。

 

Dennis Cimino はアメリカ海軍のパイロットで電気信号の専門家であった。同氏のJFKに対する関心は10代の頃に始まった。同氏の義理の父親は軍におり、トルコに配属されていた。父親は殺害の直後に、Oswaldに関する情報が連続して発表されるのを見たのだった。明らかに前もって準備されていたようだったという。父親はまた、暗殺の数時間前に爆撃機が通常手順から逸脱した非常事態時の動きで出撃したのも見たという。単なる偶然であろうか?父親はそうは思わなかった-また義理の息子もそうは思わなかった。Dennis はJim Fetzerと共に911の真実、上院議員Wellstoneの真実を求めるために熱心に活動しており、今回はJFKの真実を求めるため、ここに加わっている。

 

Ted Coeyman は、同氏が両親にJFKの葬儀に連れて行かれて以来、JFK暗殺に関心を持っている。同氏は世界で最大級のJFKに関する文献コレクションの一つを所有している。長年にわたり、同氏はPenn Jones、Harold Weisbergやその他の主要な人物達と直接交流している。Ted は RalphにJFK暗殺に関するいくつもの重要な研究を提供している。

 

Donald Fallon はテレビ向けのビデオ制作の分野で数年間働いており、画像を見る鋭い眼力を持っている。DonaldはOswald と出入り口の男を比較した最も興味深いコラージュ数枚を作成している。それらを見た後、正常な、正直な人間には彼らが同一人物であることを否定出来なくなる。

 

Staffan H. Westerberg は、スウェーデンのストックホルム出身のフリーランスジャーナリストであり、1970年代後半からJFK暗殺を積極的に研究している。同氏はJFKに関して複数の記事を発表しており、スウェーデン陸軍連隊の狙撃兵を利用して、Oswaldの離れ業であった狙撃の再現を実施した。いうまでもなく、狙撃兵は誰も、 Staffan 自身を含めて、誰もOswald が成したと言われる狙撃結果を再現することは出来なかった。

 

Donald Millerは一流の心臓血管外科医で、ワシントン大学の心臓外科手術の教授である。同教授はまた、一流の栄養学の医師でもある。そしてまた、教授はJFK暗殺に対して長年にわたり関心を持っている。これは一つには、教授のMalcolm Perry医師との親交によってもたらされたものである。Perry医師は教授に、パークランド病院で見られたJFKの首の傷に関する真実を語ったのだった。

 

Pat Shannan は作家そしてSpotlight、Media Bypass、American Free Pressの記者として長年にわたりJFK暗殺を研究している。同氏の業績には、Marina Oswaldを含む、重要人物へのインタヴューが含まれている。同氏の最新作は、Ralphが最高傑作であると証言する、「The JFK Assassination and the Uncensored Story of the Two Oswalds」である。

 

Graham Waite は英国のTeeside大学のメディア制作の上級講師である。同氏は、BBCラジオやTamarineフィルムスタジオでのプロジェクトにおいて実話のドラマ化に従事している。現在同氏は、出入り口にいるOswaldやJudyth Vary Baker著の「Me and Lee」からの素材を含んだ、Lee Harvey Oswaldに関するドラマ台本に取り組んでいる。

 

Tyler Newcomb は第一世代JFK研究者で、「Murder from Within」の共著者、Fred Newcombの息子である。同書は、暗殺におけるLBJの役割に初めてスポットライトを当てた本であった。Ty は今日、JFKに関する講演者、発言者として活動的であり、またプロの音楽家でもある。

 

Valerie Newcomb Woods はFred Newcombの娘であるが、兄弟Ty と同様、彼女も彼女の父親の遺産を守り、JFKの真実を広めることに極めて活動的である。Valerieは父親の研究資料の管理人である。その資料には、Mary Moormanのようなこの事件の鍵となる証人に対する録音インタヴューが含まれている。Tyと共に、彼女は「Murder from Within」を再刊行した。

 

Orlando Martin はアメリカ海軍で20年を過ごし、そこで同氏は小火器と弾道学の専門家であった。教練教官として、同氏は同氏が指導した隊の優れた業績を評価され、海軍/海兵隊業績勲章を授与された。同氏は砂漠の嵐作戦とその後のクウェートの解放に従事した。Orlandoはまた熱心なJFK暗殺の研究者でもあり、「 JFK: Analysis of a Shooting」という本の著者である。

 

Jerry Kroth博士は、カリフォルニアのサンタクララ大学の心理学の名誉準教授である。同博士は、JFK暗殺に関する2冊、「 Conspiracy in Camelot」、「Coup d’Etat」を含む、多くの本を書いている。博士はまたJFKに関しても広範囲にわたって講義しており、博士のビデオはネット上で広く見られている。 Jerry はOswaldの無罪、Oswaldは出入り口にいたこと、LBJ、CIA、マフィアが関与した大規模な陰謀があったことの強固な提唱者である。

 

Craig Roberts は、軍と警察の元射撃の名手であり、海兵隊とタルサ警察署での長い経歴を持っている。同氏は「Kill Zone: A Sniper Looks at Dealey Plaza」という本の著者である。Craig はまた、有資格の小火器指導者、ヘリコプターパイロット、カラテの黒帯でもある。Craig のダラスの暗殺記念館を訪問した際の説明は、このため「Kill Zone」の分量が増加したのだが、極めて興味深いものである。Craigには直ちにOswaldには暗殺は不可能であったことが分かったのだった。

 

Pete Mellorはイングランドに住んでいる。同氏は退職した、Lee Oswald が日本で行っていた仕事と酷似した海事電子工学(無線やレーダー)の大学講師である。Pete は1990年からJFK暗殺の熱心な研究者であり、アメリカに赴き、40周年を記念する2003年のダラスでのJFKランサーシンポジウムを含む、複数のJFK会議に出席した。同氏はまた、Mary Ferrell 財団のメンバーでもある。Pete がオズワルド無罪キャンペーンのホームページを編集している。

 

オズワルド無罪キャンペーンにご参加を!費用も義務もありません。以下を受託する旨をRalph に連絡するだけで良いのです:

 

メンバーの声明

 

我々、オズワルド無罪キャンペーンのメンバーは、ケネディ大統領の暗殺時に、 Lee Harvey Oswald はテキサス教科書倉庫ビルの出入り口に立っており、そこで彼はJames "Ike" Altgensによって写真に撮影されており、このことはこの写真の詳細な検証により全く明らかであると主張するものである。この発見によりOswald は大統領を狙撃したという容疑から完全に放免されることになる。我々はメディアに対して-陰謀によるでっち上げである、「魔法の弾丸」説を含めて-彼に疑いをかける公式説明を否認することを求める。また我々はアメリカ政府に対して、うそに基づいた全くの偽りの促進によって正義を妨害することをやめることを要求する。このため真の殺人犯は起訴されず、処罰されず、自由の身であり続けることが許されているのである。

 

oswaldinnocent@yahoo.com.管理人:Ralph Cinque。コメントや疑問がある場合、またはオズワルド無罪キャンペーンに参加を希望する場合、以下でRalphに連絡をとって下さい。oswaldinnocent@yahoo.com.

 

また読者が著名なJFK暗殺の研究者や作家であり、オズワルド無罪キャンペーンの上級メンバーとなることを希望する場合も、上のeメールにてRalphに連絡をとって下さい。私達はJFK研究集団の可能な限り多くの著名人を団結させたいと望んでいます。上級メンバーとして、JFK暗殺に関する事実、記事、報告をこのホームページ上に自由に投稿可能となります。私達は Lee Harvey Oswald がケネディ大統領を殺害したのではなかったという真実を支持する事象は何でも歓迎します。

 

しかしながら、私達の中心的論点は Altgens 写真とLee Harvey Oswaldのその写真における存在であり、焦点をそこに絞り続けるものである。JFK暗殺には重要視するに値する多くの局面が存在するが、単に以下の理由のため、私達はAltgens 写真に焦点を絞るものである:一枚の写真は千のことばに値するからである。狙撃の間にLee Harvey Oswaldが出入り口に立っていることを確認することは、彼の無罪と陰謀を証明する上で他のいかなる証拠にも勝るものである。向こう側にいる連中にとって、これは最も忌まわしく、痛手となる写真上の証拠である。-連中にはそのことが分かっていると私達は確信している!これはこの事件全体において最も説得力あり、最も興味深く、最も決定的な事実である。

 

このホームページにあるWrapページ-制作中である-にはJFK暗殺研究の他の分野に関連する記事が含まれることになっており、一方ResourcesページにはJFK暗殺研究の多くの様々な局面に通ずる数多くのリンクが含まれていることに留意していただきたい。

 

しかし、このキャンペーンが巻き起こす旋風は、Lee Harvey Oswaldは出入り口に立っていたというものである。この一つの紛れもない事実が、嘘を、歪曲を、でっち上げを吹き飛ばすのである。そうしたものはこの事実に耐えられないのだ。私達はこの事実を用いて半世紀にわたる嘘の破壊を求めているのであり、私達は全ての人に参加を呼びかけるものである。

 

嘘に終わりを!OSWALDに光を!

« Tsarnaev兄弟;彼らはボストン爆破事件でのLee Harvey Oswaldなのか? | トップページ | ブッシュはJFK暗殺チームを調整したのか? »

James Fetzer」カテゴリの記事

JFK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/53792765

この記事へのトラックバック一覧です: オズワルド無罪キャンペーン:

« Tsarnaev兄弟;彼らはボストン爆破事件でのLee Harvey Oswaldなのか? | トップページ | ブッシュはJFK暗殺チームを調整したのか? »

フォト
無料ブログはココログ