« Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 9/10 | トップページ | ブログのサブタイトルの更新 »

2013年9月10日 (火)

Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 10/10

以下は、 http://www.youtube.com/watch?v=Ru6lhLugDOAの日本語字幕です。

 

 

Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 10/10

 

D:というのは私は当時バンコクにいて、友人が私に接近して来たイスラエルの情報局員に私を紹介したからです。彼は最終的に私と親しくなりました。彼との会話の間、彼はこの情報を私から得ようとしていました。彼は911以前にソビエトの核情報部がWTCの核解体という考えに関して知っていたのかどうか知ろうとしていました。彼がこの情報を得ようとしていたことはあからさまでした。911以前のことです。

 

J:彼が試みたのは…

 

D:私達は詳細の話はしませんでした。彼はただソビエト側がこの件に関して知っていたのかどうか知ろうとしていたのです。

 

J:では彼は、あなたを招いて、間接的にその件に関する彼の知識を、少なくとも彼のその件に関する彼の考えを確認していたと、真相を得ようとしていたというのですね。

 

D:はい。彼はその件に関して知っていました。

 

J:そうですか。ではあなたはイスラエルの911の攻撃への共謀についてどのようにお考えですか。

 

D:イスラエルはストーリーを作り出したと私は信じています。彼らは航空機に関するストーリーを作り出しました。彼らはテロリストがWTC の上層部に核爆弾を仕掛けたと言われていると主張するその偽りの情報をアメリカの高官に与えたのです。するとアメリカの高官はその核爆弾が大気圏核爆発を引き起こすかも知れないと恐れ、被害を最小限に抑えるために、彼らはタワーを崩壊させることを決定したのです。

 

J:本当ですか。

 

D:はい。これは私がFBIから学んだことです。

 

J:もう一度繰り返してくれませんか。Dimitri。これは本当に全く驚くべきことです。

 

D:OK。

 

J:もう一度言って下さい。

 

D:OK。

 

J:どうぞ。

 

D:911の間にはパニックがありましたので、モサドと、おそらくモサドとフランスのシークレットサービスの間に”合弁企業”のようなものがあったと思うのですが…

 

J:はい。

 

D:彼らはアメリカの同業者にテロリストが航空機に核爆弾を仕掛けており、航空機がタワーに衝突し、核爆弾が上層階に衝突した時、爆発し、大気圏核爆発を引き起こすとの偽りの情報を与えました。するとアメリカの高官は恐れ、彼らは被害を最小限に抑えるために、タワーを崩壊させることを決定しました。

 

J:しかしそれが一時間、いや一時間半の間に起きたに違いないというのですか。

 

D:なぜなら、彼らはミサイルをペンタゴンに発射しましたが、そのミサイルも核弾頭だったからです。そしてペンタゴンで見つかったミサイルは極めて説得力が強かったのです。つまり、本物のミサイルが、本物の核弾頭が国防総省に打ち込まれるのを見ると、何でも信じるということです。ですから、まず初めに彼らはミサイルを発射しました。そして彼らは、このミサイルをツインタワーにも同様な核弾頭が別に二つ存在する証拠として、利用したのです。それは極めて強い説得力を持っていました。

 

J:ではあなたはペンタゴンへはミサイルが発射され、その発射されたミサイルは核弾頭であったと信じているのですね。

 

D:はい。そうです。ペンタゴンでは、核弾頭ミサイルが存在していました。

 

J:爆発したのですか。多くの核が…

 

D:いいえ。違います。なぜなら彼らは起爆装置を取り外していましたから。どうやら彼らはワシントンに伝えることを望まなかったようです。彼らはストーリーを押し付けたいだけのようでした。

 

J:何がその、あなたが論じている論点の情報源なのですか。そのようなミサイルの使用に関して新たに出て来た記事や他の情報源を見つけたのですか。

D:まず第一に、言いましたように、私は タイでVictor Boutの国外引渡し裁判の世界におりましたので、私は裁判の秘密の部分を知っているのです。つまりアメリカ側は秘密裏に彼をテロリストにそのようなミサイルを売ったことで告発していたのです。

 

J:本当ですか。それではまるで彼らは彼一人に全てを背負わせたみたいですね。全くの重荷でしょう。その人物はまるで世界第一級の映画俳優のようですね。

 

D:つまりアメリカ側は実際に、彼らがVictor Boutの国外引渡し裁判を申請した時、裁判を公開部分と秘密の部分に分けたのです。ちょうどTimothy McVeighの裁判のように。Timothy McVeighの裁判に非公開の部分があったのをご存知でしょう。

 

J:オクラホマシティのTimothy McVeighのことですね。どうぞ話を続けて下さい。

 

D:はい。そうです。つまり公式にはTimothy McVeighが告発されたのは…彼の告発理由と起訴状は公開されていますので、ご覧になることが出来るのですが、起訴状にはTimothy McVeighはアメリカ市民に対して大量殺戮兵器を使用したことで告発されていると書かれています。これは確認することが出来ます。しかし問題は、彼の裁判には非公開の部分があったために、私達には法廷で何が議論されたのか分からないということです。Victor Boutの裁判も同様です。つまり公式には彼は運搬可能型対航空機ミサイルを売ったことで手配されていたのですが、秘密裏には彼はペンタゴンに衝突したミサイルを売ったことで手配されていたのです。これが一つ目。そして二つ目が、Osama Bin Ladinに小型核爆弾を売ったことで告発されていました。

 

J:公正のために言いますが、全ての証拠がTimothy McVeighにオクラホマシティの連邦ビルで実際に起きたことの責任はなかったことを示しています。全ての証拠がVictor に複数の小型核爆弾をOsama Bin Ladinに売った責任はなかった、さらにミサイルを売った責任はなかったことを示していることが明白だということですね。

 

D:全くその通りです。全くその通りです。

 

J:Dimitri。このショーに出演し率直な話を聞かせてくれたことには感謝し尽くせません。今日の対話には計り知れないほど興味が尽きないと思います。

 

D:ところで、Victor Boutに関してですが、私のインタヴューがインターネット上で入手可能ですので、お読みいただけます。

 

J:OK。どこで読むことが出来るのか教えて下さい。Dimitri。

 

D:はい。少々お待ちを。お教えします。

 

J:はい。ではDimitriのホームページを繰り返します。911-truth.net 。911-truth.net です。ぜひチェックして下さい。彼は彼のVictor Boutへのインタヴューを探しています。私達はこれもインターネット上で見つけることが出来ます。ですからこの件を私達は追求することが出来ます。

 

D:今そのリンクをあなたにお送りしました。ですからそのインタヴューを見つけることが出来ます。

 

J:はい。OK。911-truth.net/Victor_Boutですね。では、Dimitri。このショーに出演し率直な話を聞かせてくれたことには感謝し尽くせません。今日の対話は今まで私がしたなかで最も魅惑的な対話の一つになりました。あなたが正しいにせよ、間違っているにせよ、あなたは代替説明の可能性に関する認識を間違いなく拡げてくれたのです。そのことには感謝し尽せません。

 

D:こちらこそ感謝します。

 

J:司会進行役のJim Fetzer です。ゲストのDimitri Khalezovに、今日話してくれたこと全てに感謝します。また聞いて下さった皆さんにも感謝します。

 

« Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 9/10 | トップページ | ブログのサブタイトルの更新 »

Dimitri Khalezov」カテゴリの記事

James Fetzer」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/53207969

この記事へのトラックバック一覧です: Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 10/10:

« Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 9/10 | トップページ | ブログのサブタイトルの更新 »

フォト
無料ブログはココログ