« Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 6/10 | トップページ | Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 8/10 »

2013年9月10日 (火)

Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 7/10

以下は、http://www.youtube.com/watch?v=kSb4T6AwXZoの日本語字幕です。

 

 

Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 7/10

 

J:つまり大まかに言って、あなたが提起しているのは、最初の300メートルは実際に瞬間的に破壊されていたということですね。そして外側の支柱は存在しているように見えたのですが、それは錯覚であり、実際には鉄筋構築は上方に広がっていった衝撃波 によって基本的に完全に破壊されていたのであり、明らかになったのは頂上部が上から下に向かって破壊されていった姿であったと。大まかにこれで正しいですか。

 

D:はい。そうです。地下核実験の際に、石を一つ、粉々になったゾーンから岩を一つ取り出すと、同じことが分かります。指先で注意深くそれを取り出すと、石が依然として同じであることが分かります。石は形も色も保っています。しかし指先でその石を押してみると、それは粉々の粉塵になります。つまり核爆発により残された粉々になったゾーン内の物質はしばらくは形と色までも保つということです。しかしそれはわずかな力学的力のもとで粉塵へと分解するのです。

 

J:とても興味深いですね。ではサウスタワーとノースタワーの間の驚くべき非対称性がある話に入ります。それはこういうことです。もちろん私達は言う所の航空機の衝突を知っています。ところでそれらが実際に航空機であったのかそれとも航空機以外の何かであったのかに関して、ご意見がありますか。

 

D:そうですね。もう一度繰り返しますが、私はこのように言うことが出来ます。目撃者として、私は自分が確実に知ってることを証言することが出来るだけなのです。私が確実に知っていることとは、80年代後期にソビエトのspecial control service に勤めていた際、私はツインタワーの核解体計画の存在を知るにいたったということです。これが私が確実に知っていることです。私は自分がこのことを知っていることを神に誓うことが出来ます。しかしそれ以外はただ推測するだけです。

 

J:そうですか。

 

D:私は航空機に関する私のささやかな意見を明らかにすることは出来ます。それは…

 

J:はい。

 

D:それは…

 

J:聞こえませんが。Dimitri。どうしましたか。聞こえますか。

D:はい。聞こえます。

 

J:あなたは航空機に関するご自身のささやかな意見を明らかにしようとしていたのですよね。どうぞその話を続けて下さい。

 

D:OK。私の意見は、タワーはとても…で作られていたので、多くの人々は、つまり…あれが成し遂げられるには、タワーがまるでガラスで作られていたようでした。というのは航空機がタワーに衝突した時、まるでタワーがガラスで作られていたように、航空機がタワー内部に難なく消失していったからです。しかし現実には、それは事実ではありません。航空機はツインタワーの鉄筋外辺に衝突したのですから。この鉄筋外辺は59本の四角形のチューブ、中空のチューブ、つまり四角形の支柱で、これが59本、それぞれの面に外辺として組み込まれていたのです。この鉄筋の壁…支柱の厚さは戦車の前面装甲と比較出来るほどでした。ですから私の考えでは、アルミニウムの航空機がこのような鉄筋を貫通することは不可能です。

 

J:そうですね。

 

D:ですからそのために私は航空機はデジタルで、ビデオ上にしか存在せず、タワー外辺の実際の穴は航空機によって作られたのではなく、あらかじめ穴の形に仕掛けられていた解体爆破物によって作られたのだと信じています。

 

J:とても興味深いですね。私達の多くもあなたが大まかに述べたことが正しいことに同意すると私は考えます。というのは航空機のサウスタワーへの侵入は物理学の観点からあり得ないことだからです。つまり、航空機は大部分がつぶれて、ばらばらになるはずだからです。おそらくエンジンはビル内に入り込むかも知れませんが、尾部は壊れて、主翼や、人体や、座席や、荷物は地面に落ちていったはずですが、そのようなことは何も起きませんでした。これは私達が幻影か何か、ある種の捏造ビデオを見ていたことを示しています。あなたは今までにホログラムの使用の可能性について考えたことはありますか。

 

D:私には分かりません。なぜなら私は当時ニューヨークにはいなかったからです。私はタイにいました。私はテレビで見ることが出来ただけです。しかし私の考えでは、あれは単にビデオのコンピューター改ざんであったと考えます。

 

J:そうですね。

 

D:ホログラムは必要ではないと私は考えます。航空機のデジタル画像を利用出来るのです。そのようなことを可能にするビデオ編集プログラムが存在するのですから、それほど困難なことではありません。

 

J:とても興味深いですね。では非対称性の話です。私が話そうとしていたことはこういうことです。言うまでもなく、航空機は、航空機と言われているものは、ノースタワーの94階に衝突しました。もちろんそれが起きる前に、もう一つの航空機と言われるものがサウスタワーの80階付近に衝突しました。そして言うまでもなく初めにノースタワーで火災が発生しました。火災はサウスタワーでは、私達がサウスタワーの一連の破壊を見る前に、わずかにおよそ1時間燃えただけでした。しかしサウスタワーの破壊の開始に関して最も興味深いことは、頂上部の30階部分が傾き、沈み始め、下の80階部分から分離したことです。あなたはこの現象を観察したことがありますか。

 

D:はい。あります。もちろんです。

 

J:この件についてお話下さい。

 

D:OK。そうですね。実際に誰でもサウスタワーが崩壊し始める前に、間違った方向に傾いたことが分かります。つまり論理的には、そうなるには、もし鉄筋が弱まったためにタワーが崩壊したというのが本当であるのなら、タワーの頂上部は航空機によって作られた穴の方向に向かって傾かねばならないということですね。

 

J:はい。しかし現実には、反対側に傾きました。とても不思議です。

 

D:私の考えでは、なぜこうしたことが起きたのかはこういうことです。ご説明したように、地下の核爆発の圧力波がタワーの本体を伝って上方に広がって行き、圧力波が航空機によって作られた穴に似せた、爆発物によって作られた穴に遭遇したからです。いいですか。

 

J:はい。

 

D:圧力波の広がりは、このようにして作られた溝のために、この地点で止まりました。

 

J:はい。そうなりますね。はい。

 

D:しかし反対側の面では、圧力波は阻害されることなく、続きました。ですからこうして、航空機、いわゆる航空機によって作られた穴があった壁面では、圧力波は反対側の壁面よりも比較的少ないダメージを生じさせることになったのです。私が説明を試みていることがご理解いただけますか。そのため、タワーは均等に粉々にならなかったのです。穴があった側は、穴までが粉々になっただけでした。しかし反対側は、その高さよりも高い所まで粉々になりました。そのためにタワーの頂上部は間違った側に傾いたのです。このように私には見えます。

 

J:そうですか。これはとても不思議な現象です。私にはなぜあのような傾きが発生しなければならなかったのか全く分からないのですが、初め傾きはわずか10度か12度程で、30階程の頂上部より下のビルの残りの部分全てが破壊され始めて、直立したままであるのに、実際には落下したようなのです。もちろん間違いなくその部分は傾いて、30階分のかたまりとして下の通りに崩れ落ちたのではないのです。これがいったん傾き始めた結果として想定されることなのですが。これはとても奇妙なことです。あなたも同意しますか。

 

D:はい。私も同意します。とても不思議です。そして他にも不思議なことがあります。多くの人が気付いていることですが、ツインタワーは間違った順番で崩壊したのです。

 

J:はい。

 

D:というのはツインタワーの崩壊の順番が航空機が衝突した順番とは一致しないからです。

 

J:その通りです。そのため…

 

D:これはいわゆる航空機やいわゆる航空機が原因の火災がタワーの崩壊とは関係がなかったことを示す証拠です。

 

J:はい。その通りです。つまりまずノースタワーに航空機が衝突し、次にサウスタワーに航空機が衝突したのです。もちろん私は、通常航空機として受け取られているタワーに衝突したものの話をしていることを理解した上で、この言い方を使っています。サウスタワーでの火災は、何かの被害をもたらすほど充分に熱くもなく、長くも続きませんでした。なぜなら火災は標準的な華氏500度の温度であったからです。しかしサウスタワーの解体が起きます。そして二番目にノースタワーが崩壊しました。鉄筋に被害をもたらすほど充分な長さでも、熱さでもなかった同様な火災が約30分長く続いた後のことです。ですからこれは、あなたが示唆したように、航空機や火災は何も関係がなかったことを示すとてつもなく大きな点です。あれらはビルの破壊に関する全くのトリックであり、舞台装置であり、小道具であったのです。

 

D:はい。ここで私達はこの論理を続けて発展させることが出来ます。航空機とタワーの崩壊に関係がなかったことを証明出来るのであれば、そこから私達は航空機は実際には必要ではなかったという結論を導くことが出来るのです。

« Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 6/10 | トップページ | Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 8/10 »

Dimitri Khalezov」カテゴリの記事

James Fetzer」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/53207948

この記事へのトラックバック一覧です: Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 7/10:

« Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 6/10 | トップページ | Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 8/10 »

フォト
無料ブログはココログ