« Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 4/10 | トップページ | Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 6/10 »

2013年9月10日 (火)

Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 5/10

以下は、http://www.youtube.com/watch?v=m6NURPOJXZgの日本語字幕です。

 

 

Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 5/10

 

J:しかし私が見た地図ではわずか数週間内でそのようなホットスポットは残っているようには見えず、少なくともかなり沈静化していたように示されていましたが。

 

D:はい。もちろん、それらは沈静化していました。なぜなら、全てのものが、核爆発であっても、限界はあります。核爆発により残された空洞も、高温をしばらくは維持しますが、これには限界があります。言うまでもなく最終的には冷却することになります。

 

J:リスナーのために一言述べさせて下さい。Dimitri。私が話している一種の証拠を、溶解した金属の大規模なプールの実在を揺らがすことになると私が考える一種の証拠を見てみたい人は、http://911scholars.org/を訪れ、下にスクロールし、”Was 911 Inside Job?”と題された私のブエノスアイレスのプレゼンテーションをご覧になれます。そこで40から50枚のスライドを見ていただくと、私が話している証拠を見つけることが出来ます。しかし一方Dimitriは重要な代替解釈を提示しています。ではDimitri、両ビルの解体には見た目に大きな相違点があるとあなたは考えないのですか。第7ビルの解体では、同時に全ての階が落下し、およそ5階半分の山積した瓦礫があったため、ばらばらに吹き飛ぶまで各階が静止したままであり、その後に瓦礫の山積がいかなる高さでもなかったツインタワーとは異なるメカニズムを示唆しているのと思われるのですが。ツインタワーでは瓦礫の山積がなかったばかりか、Frank Morales 神父によれば、地表面よりも低くなっていたということです。このことは異なるメカニズムが関与していたことを示唆してはいないのでしょうか。

 

D:いいえ。違います。私はメカニズムは全く同じであったと間違いなく考えます。しかし相違点は建物の高さに関してです。というのは、ご説明した通り、地下での核爆発の際、三つのゾーンが出来るからです。ダメージを受けたゾーン、粉々になったゾーン、そして空洞です。そしてツインタワーはとても高く、400メートル以上ありましたので、粉々になったゾーンだけで全体が収まりません。ですからツインタワーの一部は粉々になったゾーンとして現れ、わずかな部分がダメージを受けたゾーンとして現れ、わずかな部分がダメージを受けなかったゾーンとして現われます。これがタワーの最上部であり、核爆発から最も離れた所でした。したがってこれがツインタワー崩壊の見取り図となります。しかし第7ビルの場合、第7ビルはツインタワーよりもかなり低かったのです。ですから全体の長さが粉々になったゾーンにのみうまく収まりました。そのため第7ビルは基部から頂上までかなり完全に粉々になりました。例外は、一階から7階までの見せ掛けの壁でした。それは無傷に残ることになりました。なぜならそれは基部とは連結されていなかったからです。

 

J:見せ掛けの壁とは、巨大なアトリウムの特徴のことですか。第7ビルの巨大なロビーのことをあなたは話しているのですか。

 

D:はい。そうです。なぜなら、ご説明した通り、第7ビルは、何と呼ぶのでしょう、第7ビルの周辺は第7ビルの基部よりもわずかに大きかったからです。そのため第7ビルは特別な支柱構造を持っていました。これは基部から7階までありました。ですから1階から7階まであった第7ビルの外壁は、基部とは構造上連結されていなかったのです。そのためそれらを私たちは見せかけの壁と呼ぶことが出来るのです。そしてそれらが基部に連結されていなかったために、核爆発によって粉々になりませんでした。しかし残りの部分は、7階から上の全ての部分は外壁を含めて、完全に粉々になりました。

 

J:それは興味深いですね。あなたはBBC の Jane Standleyが、4時57分にビルが崩壊したと報じたことをご存知ですか。それはもちろん、ビルが実際に崩壊し始める23分前のことでした。

 

D:はい。知っています。もちろん。もちろんですよ。それから話は変わりますが、彼女のレポートが最初ではなかったのです。というの、私は彼女の約6分前に別のBBCのレポーターが同じことを報じたのを見た、BBCのオリジナルの映像を持っているからです。ですからJane Stanelyが最初ではなく、実際には二人目だったのです。

 

J:では、この件についてあなたはどう解釈しますか。既に計画されていたために、彼らは台本を持っており、何が起きるのか知っていたのでしょうか。主要報道機関が、私の想定では情報機関から得たとしか考えられないことを報じているのですよ。あなたもこのような解釈をしますか。

 

D:彼らがそれを情報機関から得たとは私は考えません。彼らはそれを解体に責任を持っていたビル当局筋から得たと私は考えます。なぜなら彼らはビルの解体を決定したならば、彼らは人々にその地域から出て行くように、つまり安全のために、知らせただろうからです。ですからおそらくそのニュースはそのあたりから来たのでしょう。

 

J:ではあの破壊は言うところのテロリストの攻撃とは何の関係もなかったというのですね。あのビルを破壊することは単にニューヨークの地元の当局者によって決定されたことであったと。理由が全く明白な、ご都合主義的な決定であったと。

 

D:第7ビルの場合は、言いましたように、理由に関しては私にはよく分かりません。彼らは単に証拠を隠したかったのだと私は考えます。

 

J:Dimitri。ここで私達が二回目の休憩を取るのに最適な時間となりました。Real Dealの司会進行役のJim Fetzer です。特別ゲストにDimitri Khalezovをお招きしています。同氏は核兵器や核爆発の監視また関連する事柄を受け持っていたソビエト軍の特別部隊の一員でした。同氏は911でニューヨークに何が起きたのかに関してとても興味深い代替解釈を提示しています。現在私たちは第7ビルについて論じているところです。すぐに戻ります。

 

Real Dealの司会進行役のJim Fetzer です。特別ゲストにDimitri Khalezovをお招きしています。同氏は核兵器や核爆発の監視また関連する事柄を受け持っていたソビエト軍の特別部隊の一員でした。同氏は911でニューヨークに何が起きたのかに関してとても興味深い代替解釈を提示しています。現在私たちは第7ビルについて論じているところです。Dimitri の観点では、核爆弾を利用した解体であったということです。私には大きな観察可能な相違点が第7ビルとツインタワーの破壊の間には見られるのですが、それは彼の考えでは解体の異なるメカニズムを示唆するものではないとのことです。もっとも私にはかなり力強く示唆しているように思えるため、第7ビルでの事例を含めて、それらの相違点を列挙してみます。第7ビルの場合、全階が同時に、6秒半という自由落下の速度で落下し、その後およそ5階分から5階半分の、ビルの高さの約12パーセントと同等な堆積した残骸がありました。これは過去の経験に基付くと古典的制御解体の典型的高さです。しかしツインタワーでは、ビルの高さは二倍以上あり、110階建てで、これらのビルもまた自由落下の速度で公式に落下しました。私が計測したところ、サウスタワーは9秒、ノースタワーは11秒でした。ですからそれぞれ約10秒ということです。私達は今からツインタワーについて徹底的に話して行くのですが、ツインタワーでは、Morgan Reynoldsの印象深い言い方をすれば、”blown to kingdom come”(爆破された)時、各階が静止したままでした。全てが終わった時、残骸の堆積はありませんでした。先ほど触れましたように、その時そこにいたFrank Morales 神父は、地表より下まで実際に破壊されていたと伝えています。では今からDimitriがノースタワーとサウスタワーの話をします。もし核爆発が地下で発生したのであれば、なぜビルが上から下に向かって粉塵と化していったのでしょうか。

 

D:OK。まず最初に、訂正したいと思います。核爆発は地下で発生したのではありません。核爆発は地下よりも深いところで発生したのです。ですから、ツインタワーの地下は地表から27メートルほどでした。

 

J:OK。

 

D:しかし核爆発は基部の最低部よりも50メートル下で発生したのです。ということはつまり、地表から77メートル下であったということです。

 

J:まさに驚くべきことですよ。私にはまさに驚くべきことに思えます。それでは、まず最初に彼らがしなければならなかったことは、これらのビルの建設の際に、ビルの地下よりもかなり下にこれらの核爆弾を設置することだったのですね。

 

D:はい。

 

J:それがまず最初になされねばならなかったことになりますね。つまり、ビルが立つよりも前に、解体の準備をしていたと。

 

D:はい。そのようです。というのは私がそれを目撃したのではありませんので、私には、彼らが建設を開始した際、核爆弾を設置した詳細は分かりませんので。

 

J:そうですね。

 

D:しかし私は核爆弾がツインタワーの地下の最低部から50メートル下に設置されていたことを知っています。

 

J:はい。そうですね。

 

D:地表からは77メートル下です。

 

J:はい。地下よりもさらに地中深くに核爆弾があったのに、ビルは上から下に向かって数百万立方ヤードの超微細な粉塵と化していったという事実はどのように説明可能なのでしょうか。

 

D:OK。説明してみましょう。では、想像してみましょう。核爆弾が地表から77メートル下にあるのです。そしてタワーの基部は地表から27メートル下にあります。ということは、基部から核爆弾までは50メートルということです。そして核爆弾が爆発すると、付近の岩を熱して、岩を気化させ始めます。

 

J:そうですね。

 

D:OK。そして最終的に空洞を形成することになります。

 

J:そうですね。それは粉々になった岩の層で、粉々になった岩は、人間の毛髪の大きさをしていると。そして他にも層が出来るということですね。では、続けて下さい。

 

 

« Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 4/10 | トップページ | Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 6/10 »

Dimitri Khalezov」カテゴリの記事

James Fetzer」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/53207932

この記事へのトラックバック一覧です: Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 5/10:

« Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 4/10 | トップページ | Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 6/10 »

フォト
無料ブログはココログ