« Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 3/10 | トップページ | Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 5/10 »

2013年9月10日 (火)

Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 4/10

以下は、 http://www.youtube.com/watch?v=TaArcHORPH4の日本語字幕です。

 

 

Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 4/10

 

J:OK。その話に戻りましょう。私もぜひその件について学びたいと思っているのです。あなたはツインタワーを破壊するために用いられた核装置が第7ビルに保管されていたとおっしゃるのですね。

 

D:はい。私はそう考えます。なぜなら、WTCの複合ビル全体を破壊する計画は第7ビルに基礎を置いておいたと私は信じているからです。それから私は第7ビルの下にコントロールルームがあり、そこに三つの核装置を隠していたと信じています。一つ目が第1ビルを破壊するため、二つ目が第2ビルを破壊するため、三つ目が第7ビル事態を破壊するためです。そして彼らは特別な連絡トンネル、第7ビルからツインタワーのそれぞれの地下へと通じる、小型のトンネルを隠していました。私はこのようにして計画は準備されたと信じてます。

 

J:あなたの…

 

D:ですからコントロールルームは第7ビルの下にあったのです。

 

J:第7ビルの下の災は長時間続いたという、あなたの第二の論点に入ります。ツインタワーかどこかの下にあった溶解した金属や続いていた災という考えを支持することになると言われている証拠を私は見たことがありますが、これらはかなり皮相的なだけでなく、その一部は明らかに捏造されたもののようです。例えば、対応者の写真があるのですが、彼らは肌などの身体をあらわにして、空洞を覗いているのです。空洞は白熱しており、彼らは溶解した金属の空洞を覗いていたと想定されますので、もしこれが事実であれば、熱の影響は、沸騰して音を立て始めているやかんの上に顔を置くこととの類推が出来ます。肌は身体から溶け落ちていたに違いありません。Dimitri。なぜならその熱はおよそ華氏3000度であったに違いないからです。ですからこの写真は明らかに捏造されたものに見えるのです。他にも話すことの出来るものがあります。おそらくノースタワーの地下の写真で、作業員が水溜りの近くを歩いているのが見えるのですが、水は湯気を立てておらず、作業員は熱の影響を受けているようには見えないのです。これもまたそのような溶解した金属の大規模なプールという考えに反することに私には思えます。別の代替となる説明は、例えばClemson 大学の元機械工学教授のJudy Wood により提唱されているのですが、見られるのは実際には蒸気ではなく、ビルの解体を引き起こした何かのプロセスが原因の一種のガス化や霞化であり、それが残余する影響を持っていたというものです。私はこの件に関しても話したいと思っています。そこで、あなたは第7ビルの下に溶解した金属があったということにどれくらい確信がおありですか。

D:私はNew Scientist Magazineによって発表された一つの記事を読んだことがあります。もしお望みでしたら、この記事のリンクを教えてもいいですよ。

 

J:はい。

 

D:この記事は、www.newscientistmagazine、NorwayのN、 Singapore のS、クエスチョンマークイコール、DN1634、Nのような、忘れてしまったのですが、特別なラテン語のNです。
(訳者注:
http://www.newscientist.com/article/dn1634-ground-zeros-fires-still-burning.htmlのことだと思われます。

 

J:その記事のタイトルは何というのですか。

 

D:この記事のタイトルは、Ground Zero's Fire Still Burningというものです。

 

J:Ground Zero's Fire Still Burning。これがそのリンクのNew Scientist Magazineにあるのですね。

 

D:はい。容易に見つけることが出来ます。もしその記事を見つけたら、2001年の12月3日に発表された記事ですが、長い記事ではありませんので、一分以内に読み終えることが出来ると思います。そしてこの記事の論点は、第1ビル、第2ビルと同様に、第7ビル下にも地下で災があったというものです。またこの情報を提供した消防士のチーフは、災はおそらく50メートル下にあると言っています。そしてこの記事で最も重要な点は、消防士が炎を消すために、明白に特別な放射線吸収剤を水に混ぜて使用していることです。これを彼らは礼儀正しく、かなり強力な紫外線吸収剤と呼んでいます。OK。しかし行間を読める少数の人間には、これが何かは明らかです。これは放射線吸収剤です。ですから論点は、消防士はこの不思議な化学物質を、第7ビル下の炎を消すために、水に混ぜて使用したということです。つまり、これはツインタワーの下と第7ビルの下で進展していたプロセスの物理的性質は同じであることを示す証拠であるということです。

 

J:もう一度言ってくれますか。Dimitri。最後の部分をもう一度言ってくれますか。どんな証拠なのですか。

 

D:New Scientist Magazineによって発表されたこの記事によれば、彼らは消防士のチーフ、Blaichの主張を引用しています。OK。引用します。少々お待ちを。彼らはニューヨーク市消防署副チーフCharles Blaich がWTCの三つのビル、第7ビル、第1ビル、第2ビル下で地下に災があったと確認していると書いています。彼は消防士は特別な化学物質を、彼はこれを二つの紫外線吸収剤と呼んでいますが、これを第7ビルを含む三つのビルの地下の火を消すために、消防士の使う水に混ぜて使用したと言っています。またさらに加えて、彼は地下の災はおそらく50メートルほどの所にあると言っています。

 

J:これは、彼らが混ぜていたものが何であったにせよ、放射線対策であったとあなたは言うのですね。

 

D:彼らはそれを二つの強力な紫外線吸収剤と呼んでいます。

 

J:紫外線吸収剤。

 

D:彼らはそれを放射線吸収剤と呼ぶことは出来ないのです。なぜなら、それは政治的に正しくないのです。OK。ですから私達はこれが何であるかを理解するためには自分達の行間を読む能力を使わねばならないのです。

 

J:はい。そうですね。今度はあなたの、従来型の解体であれば、15階分の残骸が残ることになるという主張に関する話に入ります。多くの制御解体の研究から得た私の印象では、ビルの元もとの高さの12パーセントほどが残って山積した残骸になることになります。47階の12パーセントは5から5.5程であり、15ではありません。ですから古典的な制御解体で発生した山積した残骸が15階もの大きさになるということをあなたは信じているのですが、あなたはそのことにどれくらい確信を持っているのでしょうか。それでは元もとの建築物の高さの12パーセントのさらに三倍になってしまうのですが。

 

D:そうですね。私は解体の専門家ではありませんし、私は建設技師でもありません。そのため私の謙虚な意見にはほとんど重みはないと思います。私は論理を使うことしか出来ないのです。そのため私に言うことが出来るのは、New Scientist Magazineのこの記事によれば、第7ビルの下に炎があり、それは少なくとも50メートル下にあり、少なくとも数ヶ月間続いていたということを私達は知ることが出来るということです。そしてもしそれが通常の制御解体であったのであれば、地下に災が、特にそれほど深い所で、あるはずはないということです。

 

J:では次の質問をさせて下さい。もしツインタワーを破壊したと言われるメカニズムが第7ビルを破壊したものと同じであれば、ノースタワーやサウスタワーの跡地に何かを再建築することには無数の問題があるにもかかわらず、第7ビルは既に再建設されているという事実を、あなたはどのように説明するのですか。

 

D:あなたはなぜ彼らが既に、今日までにWTC第7ビルを再建築したのかと私に尋ねているのですね。そうですね。

 

J:はい。

 

D:私には分かりません。しかし建物を再建築することはそれほど困難なことではないと私は考えます。というのは彼らがしなければならないのは、残っている空洞をふさぐことです。まず最初には、彼らは空洞が冷めるまで待たなくてはなりません。これには数ヶ月間かかるでしょう。そして次に彼らは空洞から残っている放射性物質を取り除かねばなりません。言うまでもありませんが。それから次に空洞に、私にはコンクリートか何か分かりませんが、何か彼らが使うものを、流し込んで、空洞をふさぎます。その後、彼らは新しい建設を開始出来ます。これはそれほど困難なことではないと私は考えます。

 

J:ところで、いくつかの熱地図があり、ホットスポットに911の後わずか数週間内で、当初見られていたよりも明らかな衰退を示しているのですが。

 

D:はい。そうですね。私も見ました。

 

J:あなたの信じている地下の災と矛盾しないのですか。

 

D:はい。もちろん。矛盾しません。なぜならその地図は少なくとも三箇所の主要な高温の地点を示し、そのうちの一つはWTC第7ビルと一致しているからです。またなぜならもしWTC第7ビルが通常の爆発物により解体されたのであれば、そこにホットスポットはないからです。

 

 

 

 

 

 

« Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 3/10 | トップページ | Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 5/10 »

Dimitri Khalezov」カテゴリの記事

James Fetzer」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/53207923

この記事へのトラックバック一覧です: Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 4/10:

« Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 3/10 | トップページ | Jim Fetzer とDimitri Khalezov の対談 5/10 »

フォト
無料ブログはココログ