« ”ユナイテッド航空175便”の速度分析 | トップページ | Jeff Prager のプレゼンテーション(WTC核解体説) »

2012年11月16日 (金)

WTC2 Media Hoaxの結語

以下は、http://www.911research.dsl.pipex.com/ggua175/afterward/の日本語訳です。

 

結語

 

WTC2にハイジャックされたボーイング 767-200型機が衝突したと言明する「公式」説明にもかかわらず、それを裏付ける写真上の証拠は存在していない。この記事で分析されたユナイテッド航空175便のものと想定される一枚一枚の写真は一種の説明のつかない問題点を示している。それらは「ポッド」、不完全な左翼、光の異常点、ボーイング 767-200型機とは類似点のない機体のことである。ユナイテッド航空175便の画像を比較して分析すると、速度、機体の対称性、光、降下航路の角度、機体の動きにおける目に見える矛盾点が分かる。

 

これらの矛盾点の一部はあまりにあからさまであり、まるでそれらの制作者がそれらは捏造であることを私達に知って欲しいと願っているかのようである。私達はこれらの人々を"Whistle Blowers"(内部告発者)と呼ぶことが出来る。二人以上の人物、あるいは二つ以上の組織が一連の捏造ビデオや捏造画像の制作を担当していた明確な可能性がある。私達が目にしているのは、それぞれの制作者の捏造の基準間の相違点である可能性があるのである。

 

読者にはWTC2の衝突の視覚上の記録は、タワーが航空機に衝突されたと私達に信じさせるために、捏造、あるいは手が加えられているものであることが明らかであるに違いない。これがMedia Hoax(メディアでっち上げ)である。問題は、視覚上の記録はどれほど改ざんされていたのかということである。それらは全てが捏造であったのか、それとも一部分のみであったのか。知ることは困難である。私見ではこの数値は100パーセントもの高さとなる。これは、WTC2への衝突の正真正銘の視覚上の記録が私達には事実上ないことを意味する。

 

ではなぜ体制はこの攻撃の真相を隠そうとするのか。なぜこの事件のビデオや写真の記録を改ざんそして/あるいはでっち上げをするのか。目撃者の報告が私達に一つの説明を提示する。彼らのうち誰もユナイテッド航空社のボーイング 767-200型機がタワーに衝突するのを見たとは伝えなかったのである。彼らは全員、「灰色の航空機」や「民間航空機ではない航空機」や「窓のない航空機」や「小型機」のような何か異なるものについて述べていた。

 

なぜ体制がWTC2への攻撃の真相を隠そうとするのか、その理由は、911の朝WTC2に衝突したユナイテッド航空社のボーイング 767-200型機は存在しなかったからであろう。

 

« ”ユナイテッド航空175便”の速度分析 | トップページ | Jeff Prager のプレゼンテーション(WTC核解体説) »

WTC Media Hoax」カテゴリの記事

ビデオ捏造説」カテゴリの記事

ユナイテッド航空175便」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/47863684

この記事へのトラックバック一覧です: WTC2 Media Hoaxの結語:

« ”ユナイテッド航空175便”の速度分析 | トップページ | Jeff Prager のプレゼンテーション(WTC核解体説) »

フォト
無料ブログはココログ