« 9/11 と Directed Energy Weaponry: 鍵となる証拠 パート2 | トップページ | 9/11ヴァンクーバー民衆法廷 »

2012年10月19日 (金)

Dimitri Khalezov が911について語る

以下は、http://www.veteranstoday.com/2011/02/08/jb-campbell-dimitri-khalezov-on-9-11/ の日本語訳です。

 

 

2011年2月8日火曜日 | 投稿J. Bruce Campbell

 

 

 

 

Dimitri Khalezov が 9-11について語る

 

 

 

 

 

Veterans Today スタッフライター Dimitri Khalezov 9/11Nick Roweの不可思議な死について語る

 

 

 

 

By J B Campbell STAFF WRITER

 

 

読者はNick Roweのことをご記憶にないであろう。彼の1971年の著書、 Five Years to Freedomは、196310月のひどい銃撃戦の後に彼がViet Congによって捕らえられ、5年間戦争捕虜となり、その後の彼の処刑直前の脱出劇を語るものであった。ベトナムの共産主義者は彼が5年間にわたり彼らを欺き、彼が技師ではなく特殊部隊であったという事実を彼らに隠していたことを知ったのであった。

 

 

アメリカの研究者がベトコンの中央委員会に自分達のNickに関する研究を渡したのであった。自分の実際の身元を隠し、アカの面目をつぶしたことは死刑という結果を招いた。彼が処刑場所に行進させられていた時、B-52 の対地攻撃が銃殺執行隊を蹴散らし、Nick は一人残っていた警備兵の手を押しのけ、旋回していた攻撃ヘリが彼を引き上げた。

 

 

Dimitri Khalezov がペンタゴンの攻撃に使用された500キロトンの核弾頭を装備した "Granit"ミサイルに関して説明する。

 

 

私はNick 1987年に防衛言語研究所でタガログ語の短期集中コースを受けるために Monterey に来た時、彼に会った。共通の友人が私に彼が留まる所を見つける手助けをして欲しいと申し出た。そうして彼はManilaでの軍諮問グループの対テロ部隊のチーフとして新しい職を得、旅立った。フィリピンの共産主義者とベトナムの共産主義者は彼の暗殺を強く望んでいた。後者はかつての遺恨であった。そして彼は暗殺された。彼らによってではなかったが。

 

 

1989421日に、NickManilaの合衆国大使館によって彼に支給された保護装備のない車に乗っていた。暗殺リストに載っていることが判明している人物向けの銃弾に対し抵抗力のある車は予算から取り除かれていたのであった。一台の車がNick の車の隣に止まり、M-16 .45口径が発射された。彼は頭部と他の箇所を撃たれ、即死した。

 

 

Willis Carto が私にNickが撃たれた直後に、悪名高き Mossadのエージェント、 Mike Harariがこの暗殺を組織したと教えてくれた。

 

 

私は幸運にも Dimitri Khalezovと接触を持つことが出来た。彼の911に関する衝撃的な暴露は、私達の現実に対する認識を良い方向に向けて変えようとしている。911がそれを悪い方向に変えたのと同じくらい深い意味で。彼は自身が直接得た知識から、Mike Harari 911の大量殺戮を組織したことを明らかにした。直接とはこの場合、Mike Harari が彼に告げたということである。

 

 

世界は1989年のアメリカのパナマ侵攻の際に初めてMike Harari のことを聞いた。彼はパナマではMr. 60%として知られていた。なぜなら 60%の利益を彼はイスラエルとパナマの間のいかなるビジネス取引からも受け取っていたからである。彼と Noriega が利益を分けていた。アメリカのパナマ侵攻は1220日の午前100分に始まった。Harari と数人のイスラエルの仲間は数時間前に出国するよう通告されていたが、空港で第82空挺部隊に捕らえられた。そこには Manuel Noriegaの、麻薬密輸、武器密輸上の最重要相談役がいた。この密輸を犯罪としてLiberace-Bush が侵攻を命じたのであった。空挺部隊兵は自分達が捕らえたのが誰であったのか理解すると、彼らは彼を Tel Aviv行きの航空機に乗せた。

 

 

Dimitri Khalezov Harari が彼に Bangkok で自分が911の大量殺戮を組織したと告げたと言う。私がDimitri Nick Roweについて話すと、彼はすぐさま、 Harari は彼にそのことも認めていたと確約した。Harari Manilaを出て Bangkokに向かわねばならないと言ったという。なぜならそこには彼が暗殺したアメリカ人大佐がいたからであると。Dimitriは詳しく調べて、その大佐がJames Nicholas Roweであったことをつかんだ。Harari の実際の暗殺は注意力が欠けたものであり、彼をイスラエル人へと結びつける手掛りを残していた。つまりこのことが Dimitri が本当に Mike Harariとの信頼関係を持っていたことを示している。Dimitri が言うには、彼よりも秀でたイスラエルの国家的英雄は Ben-Gurion あるいはGolda Meirしかいないという。彼のHarari に関する暴露は、彼のWTC の三つのビルの核解体や Granitミサイルのペンタゴン攻撃に関する説明同様、真剣に受け止められねばならない。 全体として、Dimitri Khalezov 21世紀の(現時点では)犯罪を解明した。

 

 

Dimitri Kevin Barrett Truth Jihad radio show 210日の木曜日、午前9時から10時に、ゲストとして出演することになっている。これは間違いなく引き続く多くのインタヴューの第一弾である。

 

 

Dimitriの核解体とミサイル攻撃に関する連作ビデオは、この一年YouTube Googleによって激しく弾圧されている。しかし現在では様々なネット上の発信元から完全に視聴可能である。彼の最新インタヴューはこちら。

 

 

彼の説明はその平易さのゆえに圧倒的である。三つの鉄筋構築の高層ビルの微粒子への変質はその下に設置されていた核の爆発によってのみ可能である。サーマイト、ナノ-サーマイト、サーメイトも、梁やけたを切断するために殺戮者によって使用されていたであろう。しかしそれらはコンクリート、さらには鉄筋を粉末化することなど出来ない。ソビエトの核の管理保全担当将校としての専門的経験から得られた、彼の基本的な立場になじみのない人のために言うと、Peaceful Use of Nuclear Explosionsと呼ばれる米露が交わした条約は、高層ビル、具体的にはWTC Chicago Sears Tower の解体のための核の利用を許可するものであった。(Chicago Sears Towerは現在伝えられる所によれば、Lucky Larry Silversteinによって所有されているという。) New York の港湾局は、ビルの有用寿命が不可避的に終わる時の解体方法を、設計者が準備しなければならないと強く求めていた。 Controlled Demolition, Incという有名なMaryland の会社がこれはthe Loizeaux familyであったがWTC の設計者が自分達の大規模なタワーの解体方法を提示出来なかった後に、核解体計画を考え付いた。Dimitri はこれは、ビルが解体可能であるとして港湾局を満足させるためになされた、仮説上の計画であったと指摘する。しかしこの計画は当初より存在していたのであった。そして911の攻撃の残骸を除去を任されたのが、Controlled Demolition, Incであった。

 

 

ペンタゴンの三つのリングの鉄筋で補強されていた耐力壁に開けられた12フィートの丸い穴は、7トンの鋼鉄製の Granit (“Shipwreck”)海洋巡航ミサイルによってのみ、もたらされることが可能であった。このミサイルはは水位線で航空母艦に命中するよう設計されていた。そのため、外壁の極めて低い侵入ポイントが可能となり、芝生には被害を残さなかった。

 

 

DimitriはまたViktor Boutを手助けするよう求められている。彼はロシア人同胞であるが、沈没した潜水艦Kursk から盗まれた Granit ミサイルを提供したという無実の罪に陥れられるために、アメリカによってBangkok におびき出されたのであった。Dimitri は、 ペンタゴンを襲ったGranitミサイルが搭載していた500キロトンの弾頭の起爆装置は、Washington DCを更地にしてしまうため、外されていたと言う。威力を比較すると、我々のヒロシマのウラン爆弾は15キロトン、 TNTにして15,000トンと見積もられる。また我々のナガサキのプルトニウム爆弾の威力は21キロトンと見積もられる。つまり、我々はこうして、一部の人間がWashington DCの破滅の後の計画として主張するような、我々の首都の Denverへの移転が、いかに容易に可能であったのかを理解することが出来るということである。

 

 

読者は Dimitri Khalezov 2001911日にいったい何が起きたのかについての私達の理解に対する彼の大いなる貢献について詳しく知るべきである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 9/11 と Directed Energy Weaponry: 鍵となる証拠 パート2 | トップページ | 9/11ヴァンクーバー民衆法廷 »

Dimitri Khalezov」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/47507970

この記事へのトラックバック一覧です: Dimitri Khalezov が911について語る:

« 9/11 と Directed Energy Weaponry: 鍵となる証拠 パート2 | トップページ | 9/11ヴァンクーバー民衆法廷 »

フォト
無料ブログはココログ