« ヴァンクーバー聴聞会—証拠に基づく申立書 2/5 | トップページ | ヴァンクーバー聴聞会—証拠に基づく申立書 4/5 »

2012年10月28日 (日)

ヴァンクーバー聴聞会—証拠に基付く申立書 3/5

以下は、http://911scholars.ning.com/profiles/blogs/vancouver-hearings-evidentiary-submission-3-of-5-by-james-h の日本語訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Vancouver Hearings—証拠に基付く申立書 #3of 5 by James H. Fetzer, Ph.D

 

 

 

 

2012615-16日に開催された Vancouver Hearingsにおいて、裁判官は参加者に、911の策略への共謀に関して、少なくとも2名の人物に関する証拠に基付く申立書の文面を準備するよう求めた。

 

 

 

 

私は、以下に情報源が示された事実に基付き、Philip ZelikowRichard B. CheneyDonald RumsfeldGeorge W. BushMANGLt. Col. Steve OBrienの氏名を申し立てる。

 

 

 

 

氏名:Donald Rumsfeld

 

 

 

 

犯罪行為時の肩書き:合衆国国防総省長官

 

 

 

 

想定される犯罪の根拠:自身の国防総省長官としての立場において、Donald Rumsfeld911事件に関して偽りの主張をなすことで、主体的にペンタゴンへの攻撃の発生の準備に加担した。偽りの主張には以下が含まれる:

 

 

 

 

(1)ハイジャック機を阻止するためのSOPは、国防総省長官の承認が必要となるように、200161日に変更されていた;1

 

 

 

 

(2)Rumsfeldは、77便がビルに衝突するまで、911の攻撃の間ペンタゴンにいたが、ペンタゴンへの脅威は何も知らなかったと主張した;2

 

 

 

 

(3)RumsfeldCondoleezza Rice、その他の政府高官は、自分達は航空機が兵器として利用される可能性があるとの考えは知らなかったと主張した。これは多くの根拠のより矛盾している;3

 

 

 

 

(4)ペンタゴンへの攻撃の“公式説明”は入手可能な証拠により全く支持されないのみならず、航空力学的にも物理学的にも不可能である:

 

 

 

 

(a)その航空機は時速500マイルで芝生をかすめたと言われているが、これはその航空機が地表から60フィートよりも接近することを不可能にする、“グラウンドエフェクト”4という現象のため、航空力学的に不可能である;

 

 

 

 

(b)その航空機は一連の金属製街灯支柱をなぎ倒し、その航路には影響がなかったと言われているが、支柱が航空機から主翼をもぎ取り、燃料の爆発を引き起こしていたことになるため、これは物理学的に不可能である;5

 

 

 

 

(c)ビルの“衝突点”と言われている箇所は、100トンの旅客機を収納するには小さ過ぎており、大きく堆積したアルミ金属の残骸、主翼、尾部、人体、座席や手荷物はなく、さらにはエンジンさえも回収されていない;6

 

 

 

 

(d)ペンタゴンにはカメラが取り巻いているにも関わらず、ペンタゴンが発表した映像はボーイング757型機であったにしてはあまりに小さ過ぎる航空機の映像を示しており、政府自身が提示した証拠が政府自身のストーリーと矛盾していることになる;7

 

 

 

 

(e)ライムグリーン色の民間の消火車両が小規模の火災を消火した後には、ペンタゴンの芝生はきれいな、緑色をしており、大型航空機の衝突のいかなる残骸によっても傷付いてはいなかった。航空機の残骸は広範囲に撒き散らかされたに違いない;8

 

 

 

 

(f)アメリカ空軍大佐(退役)Albert Stubblebeinは、正式に全てのアメリカ軍の写真情報の管理担当者であったが、彼は写真上の証拠の自身による入念な検証に基付き、大型航空機はペンタゴンに衝突しなかったことを確証した;9

 

 

 

 

(g)April Gallupや写真、ビデオの証拠を含む、他の目撃者や証拠が、ボーイング757型機はペンタゴンに衝突しなかったことを実証している。また運輸統計局の記録によれば、77便は911当日に飛行していなかったことを実証している;10

 

 

 

 

(5)Rumsfeld国防総省長官は、ペンタゴンが攻撃されるかも知れないと予測し、芝生に現れ負傷者を運ぶ手伝いをするまで、少なくとも20分間所在不明であった;11

 

 

 

 

(6)自身の最初の大衆への対応の中で、彼は軍のTom White が“このような事態”の責任者であると強調し、彼自身の責任を逃れようとした;12

 

 

 

 

(7)Enronの幹部の Tom White は、新しい対ハイジャック手順が発布される一日前の、2001531日にその立場に任命された。13

 

 

 

 

要旨:この短い部分的な概説でさえも、Donald Rumsfeldがかなり賢く、彼がハイジャックのSOPを変更する一日前に、非難を引き受けるカモを任命していたことを示している。このSOPの変更は、言われているハイジャックに対しNORADの対応が出来ないようにするための計画の一部であったと考えられる。“ペンタゴンへの攻撃”に関してなされた主張は、誤りであると証明可能であるのみならず、航空力学的に、物理学的に全く不可能である。

 

 

Rumsfeld911の残虐行為を計画する際の主要な人物であり、911がその時にビル内にいた125人の死者を出したのみならず、彼の国防総省長官としての、アメリカ合衆国人民に対する責任を裏切りであり、法の及ぶ限りの訴追に値するという結論に比べられる理性的な代替説明はない。

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

1 http://911research.wtc7.net/planes/analysis/norad/docs/intercept_pr...

 

 

2 http://www.defense.gov/transcripts/transcript.aspx?transcriptid=1886

 

 

3 http://911review.com/means/standdown.html

 

 

4 http://www.veteranstoday.com/2010/08/13/nila-sagadevan-911-the-impo...

 

 

5 Nicely illustrated by a Lockeed Constellation hitting wooden telephone poles: http://www.youtube.com/watch?v=p4rYj9UmmE4 (turn down the audio first)

 

 

6 http://jamesfetzer.blogspot.com/2010/01/what-didnt-happen-at-pentag...

 

 

7 http://www.veteranstoday.com/2011/07/05/inside-job-seven-questions-...

 

 

8 http://jamesfetzer.blogspot.com/2012/06/official-account-of-pentago...

 

 

9 http://www.youtube.com/watch?v=daNr_TrBw6E

 

 

10 http://jamesfetzer.blogspot.com/2012/06/official-account-of-pentago...

 

 

11http://www.historycommons.org/timeline.jsp?timeline=complete_911_ti...

 

 

12 http://www.patriotresource.com/wtc/federal/0911/DoD.html)

 

 

13 http://911research.wtc7.net/planes/analysis/norad/docs/intercept_pr...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« ヴァンクーバー聴聞会—証拠に基づく申立書 2/5 | トップページ | ヴァンクーバー聴聞会—証拠に基づく申立書 4/5 »

Vancouver Hearings」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/47508398

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァンクーバー聴聞会—証拠に基付く申立書 3/5:

« ヴァンクーバー聴聞会—証拠に基づく申立書 2/5 | トップページ | ヴァンクーバー聴聞会—証拠に基づく申立書 4/5 »

フォト
無料ブログはココログ