« 合成群集 | トップページ | 「色褪せた」映像 »

2010年2月 4日 (木)

組み立てライン映像

以下は、http://www.septemberclues.info/simulated_sceneries.htm ASSEMBLY-LINE IMAGERYの日本語訳です。

                                                                 

シミュレートされた光景

911映像プールはペテンの明白な証拠に満ち満ちています‐たいていの‐「高度な」3次元映像ソフトウェアは、2001年では、完全なものではありませんでした。911映像の多くの欠陥を理解するためにビデオの専門家である必要はありません。次に見ていくのが911映像プールがまさに捏造映像のデータベースであった総合的な証拠です。

                                                                   組み立てライン映像
「PETER STRID組み立てライン」

このように物語りは語ります:2006年、「Peter Strid」(匿名の存在)がインターネット上に世界貿易センターの下から(北西側にいて)映したと自分で主張するビデオを公表しました。彼は見たところ「第2機目の衝突」の一瞬を捕らえていました、その後彼は近くの彼のアパートでガールフレンドと再結合しました。

Peter Strid PERSPECTIVE A _______________________Peter Strid PERSPECTIVE B 

ここで、よく聴いて下さい:「展望A」は彼の街路の高さの眺めを映していると思われます‐一方「展望B」は彼のアパートからの眺めを映していると思われます!Peterのアパートからの眺めが「歴史的衝突」を捕らえた時の眺めとこれほど似ているとは何という偶然なのでしょう…

Naudet Brothers PERSPECTIVE C ___________________Steven Rosenbaum PERSPECTIVE D 

しかしこの並外れた偶然を本当のことだと想定してみましょう。実は、2002年、フランス人Naudet兄弟が私が「展望C」と呼ぶ左側の映像を含む主要映画を発表しました。次に、2007年には、Steven Rosenbaumという男性が私が「展望D」と呼ぶ映像を含む別の911に捧げる映画を発表しました。

Israeli TV PERSPECTIVE E ________________________Mike Cunga PERSPECTIVE F 
 
信じられないことですが、物語はここで終わりません:海外のテレビは左側で見られるビデオ映像(展望E)を放送しました‐前で回転翼をはためかせながら…しかしまだ終わりません:ドキュメンタリー「7days in September」では、「Mike Cunga」という名の写真家がその撮影地点からまさに第2ビルが崩壊する写真を撮影しました‐そして自分の自転車に飛び乗って避難所に向かってペダルをこぎました…

そして物語は続きます:CNNでは、私達は医師「Mark Heath」の英雄的な物語のもてなしを受けます。彼もまた第2ビルが崩壊した時その光景を撮影していたMike Cunga と同じ地点にいました。しかし、Heath博士は逃げませんでした(医者は、もちろん、生来の倫理観を持っているのです):彼は抜け目なく車の横の避難所に飛び込みます、そうして灰の中から彼の周りのちりまみれの人々を助けるために起き上がります。本当のアメリカンヒーローです。

しかしさらに…おまけがあります:ニューヨークタイムズのよれば、これは 、「最初の航空機の衝突の数分以内に自分のアパートのリビングルームからこの写真を魚眼レンズを使って撮影した写真家」Patricia Mc Donoughの写真です。

現代のコンピューター映像に関する基本的理解力を持った人なら誰でも、これらのタワーの映像は全て単一の「マトリックス」の「組み立てライン」‐時間をかけて、回転させ、ねじりそして着色したものに他ならないと理解するでしょう。

Peter Strid、the Naudet兄弟、Steven Rosenbaum、Israeli TV、Mike Cunga、CNN そしてPatricia Mc Donoughに感謝します。2001年9月11日の皆さんのユニークな映像を使用させて下さったことに感謝します。

「犯罪現場」の2つの眺め:これらは明らかにコンピューター合成映像です‐本物の映像ではありません…

この最初の写真の真ん中の行方不明の街灯柱‐それから左端のビルにどうぞご注意下さい。…そしてそうです、上に見えるものがHistory Channelの公式ドキュメンタリーで提示された実際の画像テクスチュアです!極めて率直に言って、まるで下手にレンダーリング描画されたプレイステーション風のビデオゲームに見えます…そうです、それが程度の差こそあれ実際の事実でしょう。このことを理解出来るほど若い人には、全てあまりに見え透いたことでしょう。

« 合成群集 | トップページ | 「色褪せた」映像 »

Simon Shack」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/33251278

この記事へのトラックバック一覧です: 組み立てライン映像:

« 合成群集 | トップページ | 「色褪せた」映像 »

フォト
無料ブログはココログ