« ユナイテッド航空93便は墜落といわれた後も飛行していた | トップページ | 航空機アニメーション »

2010年1月31日 (日)

映像の力

以下は、http://www.septemberclues.info/のThe Power Of Imageryの日本語訳です。

                                                                                                        

映像の力

テレビは大衆気晴らし兵器である‐そして常にそうあり続けている。
映像の力は911の背後の隠れた立役者であった。

主要メディアによって大きなニュースの出来事がレポートされる時はいつでも常に、大衆にその出来事の視覚的印象を伝えるために、写真かビデオを用いて図示されます。議論の余地なく、ニュースストーリーといっしょになった映像は私たちのその出来事に対する感情的関係を強めます。私たちのニュース映像に対するかかわり方は、私たちの精神にほとんど催眠術的な影響力を持っています:私たちはニュースストーリーの視覚的印象をそのニュースの信憑性の証拠と見なすようになっています。これはまさに私たちの頭脳の即応性という弱点であり、批判的思考を妨げます。その結果、不幸にも、中継テレビで放映された破局的な出来事の信憑性に疑問を持つことは、ほとんどの人にとって全く思いも付かないこととなります。しかし、全ての人がテレビを最も適した、軍事的響きのある名称で呼ぶ時が来ました:「大衆気晴らし兵器」と。

911軍事的心理作戦は第一に私たちの頭脳の弱点に依存していました。私たちは全員当時テレビで見た映像に同情していました。当然理解できることですが、提示された映像の際立った恐ろしさは激しい憤りと恐怖の壁を生み出しました。その出来事の批判的検証を妨げるほど壁は十分厚いものでした。後から考えると、全主要テレビ局によって提示された不合理なテレビ報道映像に疑問を持つ人が何故ほとんどいなかったのか不思議に思うことが出来るだけです。左の画像は、ABC、CBS、NBCそしてFOXの4局のテレビ放送映像が同一映像を配信していた瞬間(午前8時59分)を写してしています:これはまた911テレビ「中継」放送映像が単一の、中央主権化されたスタジオで管理されていたことを指し示すことでもあります。
(September Clues E での私の音声分析を参照下さい(訳者注:September Clues E の「17秒‐テレビ信号音共有説(聴けば分かるさ!」というタイトルの日本語字幕版をyoutubeにて視聴出来ます。)

9月11日にテレビ視聴者がテレビで見たもの
(決定的な朝の出来事の)911映像は、コンピューターアニメの、あらかじめでっち上げられていた映画でした。その映像は大部分、煙を出すタワービルのヘリコプター映像といいたい映像と他のわずかを呼び物にしていました。その日の朝の全放送のうち(航空機衝突とタワービルの崩壊の)移動撮影映像は合計すると約20秒になります!言うまでもなく、これらの移動撮影映像はひとつも、いかなる意味でも現実を映していません。現在は、多くの人にとって何故911計画者がタワービルの崩壊さえも捏造する必要があったのか理解することは困難かもしれません;けれどもこれは間違いなく全計画の最も重要な面でした‐ですから明白な論理で完全に理解される必要があります:先例のない世界貿易センターの解体犯罪は中継テレビで放送されるには(あるいは旅行者や通行人によって撮影されるには)あまりに予測できないことがあり過ぎたのです。911を共謀した者はそのような「大掛かりな」見世物に世界の精査を招かせる意図は全くありませんでした。これが言語に絶するほどばかげていたことをご想像下さい。
世界の全ての教養ある人々にとっては、ありがたいことに、911計画者は優れた才能に恵まれていないアニメーション班を雇いました:彼らの愚鈍な「芸術的才能」は完全に秘密の漏洩となっています‐永遠にテレビ保存映像に刻み込まれてしまったのです。

これらの映像は人間の知性に対する許されない侮辱です:
本物の航空機の衝突 ?___________________________本物の高層ビルの崩壊 ?

何故ニュース放送映像を捏造したのでしょうか?
911テレビ放送映像は、捏造映像をその日の実際の出来事(世界貿易センターの解体)とすり替え、世界に虚偽のテロ攻撃を伝えるために意図されていました。公式の物語は極めて非現実的でした‐その日のテレビ映像と19人の若者が完全にアメリカ空軍を出し抜いたというありえない物語と同様に。ABC、CBS、 FOX、 NBCそしてCNNによって実際に放映された放送映像を自分自身の目で判断することが重要です。                            

「アマチュア」ビデオはどうなのでしょうか?
他のビデオ(テレビで際限なく再放送された)は全てあとになってやっと公表されたものです。それらは多くのビデオ分析家によって徹底的に分析されています。「アマチュア映像」と言われるビデオは全て徹底的に解析されています‐そしてコンピューター合成された捏造ビデオ以外の何者でもないことがはっきりと証明されています。

どのようにプライベートなビデオは妨害されたのでしょうか?
911テレビ詐欺が成功するには、マンハッタン地域の徹底的なヴィジュアルコントロールが実施される必要がありました。EMP/HERF技術の存在は疑う余地がありません:ただその技術が使用されたという仮説が証明出来ていないだけです。これは、しかし、その日の朝ニューヨークシティで発生した電子機器の停電の連続によって裏付けられている、理性的な仮説です。いずれにせよ、EMP/HERFの使用という論法は筋が通っており、疑惑を取り除くような単純さで有効的に策略を説明します:実際の出来事のプライベートな写真の撮影は許されませんでした:このようにして、テレビ局によって放映された映像は比較を恐れず、現実として流布したのです。

« ユナイテッド航空93便は墜落といわれた後も飛行していた | トップページ | 航空機アニメーション »

Simon Shack」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244825/33197522

この記事へのトラックバック一覧です: 映像の力:

« ユナイテッド航空93便は墜落といわれた後も飛行していた | トップページ | 航空機アニメーション »

フォト
無料ブログはココログ